殺人鬼フジコの衝動 限定版 【徳間文庫】

  • 1073人登録
  • 3.35評価
    • (58)
    • (135)
    • (191)
    • (46)
    • (24)
  • 166レビュー
著者 : 真梨幸子
  • 徳間書店 (2012年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198935399

殺人鬼フジコの衝動 限定版 【徳間文庫】の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 希代の殺人鬼と言われたフジコの半生を描いた記録的サスペンス作品。

    続編の『インタビュー・イン・セル 殺人鬼フジコの真実』も併せて図書館で借りて読んだら、あまりにも面白いので短編の『私は、フジコ』が付いた限定版を買い直した程の名作サスペンス!

    今作は単なる殺人鬼となったフジコが覚醒して、犯行を重ねていく狂気を描いているものの、フジコの背景には殺人鬼に至るのも頷ける部分があるので、本当にエグい作品に比べれば怖さはそれ程ではなく程よく楽しめるし、
    ラストの驚きには仰天させられて面白かったです(^-^*)/

    怖いサスペンスの入門編としては最適で、慣れてない方には充分恐ろしく楽しると思うので、
    怖いサスペンスを読みたい時にオススメですO(≧∇≦)o

  • 読んでいて何度も気持ち悪くなったけれど、不思議と続きが気になって読むのを止められなかった。
    イジメのシーンが特にきつくて、子どもだからこその限度の知らない行動に目を瞑りたくなった。
    フジコがコサカさんを殺したあたりまでは、ただ可哀相な子で仕方なく殺してしまったという感じだったけれど、裕也が杏奈を殺して(実際に止めを刺したのはフジコ)しまったあたりからは狂気が見えた。
    「見つからなければ悪いことではない」「それが秩序」といった言葉がその狂気を際立たせていた。

  • 真梨幸子の「殺人鬼フジコの衝動(限定版)」「私は、フジコ」を読んだ。
    「私は…」は「衝動」のおまけ本。
    子供の虐待とイジメとサイコパスの物語。
    小説の中に小説が書かれているという構成。中の方の小説は(小説の中では)ノンフィクションということになっているのだが、一部(小説の中での)フィクションがあったりして、ややこしいことになっている。
    一人称視点のところと三人称視点のところもあってそれもややこしくしている原因。
    ややこしくしているのは作者の作戦なんだろうけど。

    これ、ちゃんと理解できたのかなあ?
    今ひとつ自信がなかったので、ググってネタバレサイトを見てみたりもしたんだけど、どうもしっくりこなかった。

    気になるから読み返すことに。

    でもまあエログロサイコパス小説ですよ。
    他人様にはあまりお勧めできないねえ。★3つ。
    そういうのが好きな人には良い本かも?

  • 『殺人鬼フジコの衝動』『私はフジコ』

    いやミスはあまり読まないのですが、以前から気になっていた『殺人鬼フジコの衝動』読んでしまいました。

    一家惨殺事件のただ一人の生き残りの11歳の少女。

    彼女の人生はその後少しづつ狂いはじめる…。題名通りの殺人鬼フジコの殺人衝動とおきまりの虐待の連鎖か…と読んで行くと、最後の一ページでえっ?

    と驚き、これが、ある人物が「殺人鬼フジコ」と呼ばれた女性の生涯を綴った記録小説であり、「はしがき」と「後書き」の意味をもう一度飲み下して呆然とするのでした。

    限定版には『私はフジコ』と言う短編が付いています。

    次作へのヒントが隠されたこれ、Kindle版では一冊として販売されており、限定版を買いそびれた方も、そちらで入手できます。

  • ホラーミステリー?イヤミス(読んだ後にイヤな後味が残るミステリー)
    親に虐待、同級生からも苛められた主人公が、
    母親と同じに自分の子供に対しても、、
    そこに至る間中、タイトル通りの奇行蛮行を。。

  • イヤミス。
    途中、何度も気分が悪くなる場面があったが、読まずにはいられなかった…
    女って怖いな…フジコには同情する部分もあるけど、最終的にはあまりの恐怖にその同情部分を忘れてしまった。

    2013.6.29

  • うーん、人が殺されると云うのは、やはりあまり良い感じがしないのだけど、それでも、先が気になる中毒性は本能に負けてしまうのか?構成っていうのかな?うまいなぁと思うかな、これでもかー、これでもかーと云う、執拗な読者を参らせる手腕はあっぱれです( ̄^ ̄)ゞ

  • 全てが繋がるための本巻。
    作品の全てに納得する必要もないんだけど、世界観が全て繋がった時の救いようのなさが、耳を塞ぐ事も目を塞ぐ事もできない、人間の性を見せつけてくれる。

  • 私はフジコを読みたいが為に購入してしまった。

    真梨幸子の書く話は読みやすいけど後味の悪さがある...そんなところがまた気に入ってる。

  • 読後は何とも微妙な後味で、思わず前に戻って読み返したくなりました。
    まだ、拾いきれてない伏線がいくつも残っているような気がしてなりません。

全166件中 1 - 10件を表示

殺人鬼フジコの衝動 限定版 【徳間文庫】のその他の作品

真梨幸子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
湊 かなえ
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

殺人鬼フジコの衝動 限定版 【徳間文庫】に関連する談話室の質問

殺人鬼フジコの衝動 限定版 【徳間文庫】を本棚に登録しているひと

ツイートする