BLOODLINK 3: 夜光 (徳間文庫)

著者 :
  • 徳間書店
3.70
  • (0)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198937775

作品紹介・あらすじ

住み慣れた町、学校、家族――日常のすべてを捨てることにしたカンナと和志。地蟲に感染した者と、地蟲を排除する野槌となった者が選んだのは、ふたりが共にいられる世界。しかし、それは地蟲となった他の人間を殺し続けることと引き換えだった……。思考を停止し、淡々と職務を遂行する和志の前に現れた、同じ野槌のハヤテ。「マヤマ、取引だ」冷たい眼に、怒りを湛える男の目的とは一体。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • そんなに「セイタカアワダチソウ」という言葉が書きたいの!?w

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1967年5月生まれ。「ワイヤード」などのライターとして活躍しながら小説を執筆。繊細かつ情緒溢れる独特な筆致が注目を浴びる。著書『BLOODLINK』は2ちゃんねるラノベ大賞で1位、『ノーサイドじゃ終わらない』は「このミス!」ランクイン。

「2015年 『BLOODLINK 5 地涌の哭』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山下卓の作品

ツイートする
×