誰も書かなかった 武豊 決断 (徳間文庫)

著者 : 島田明宏
  • 徳間書店 (2017年10月5日発売)
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198942595

作品紹介・あらすじ

2014年4月に刊行された同名の単行本の文庫化。単行本に30ページの書下ろしをプラス。
20年来の“心友“作家が初めて明かす、天才・武豊「苦難の日々」の真実!有名馬主との確執から悪夢の落馬事故、そしてどん底のスランプまで。天才は何を悩み、「決断」したのか?逆境から這い上がるまでの「心の軌跡」全記録!「逆境に負けない」天才が明かした復活までの「葛藤」「苦悩」「心の声」がすべてわかる1冊。

誰も書かなかった 武豊 決断 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 土曜日の朝の散歩では前の晩のラジオNIKKEIの番組をラジコのタイムフリーで聴きながら歩く。
    この本は「鈴木淑子の地球は競馬でまわってる」に、作者がゲストで出てたことで文庫化を知り購入。

    武豊が初勝利を挙げた時、KBS京都のアナウンサーは『歴史の始まりになる』といった趣旨の実況をし、「いくら武邦彦の息子でも、それは言い過ぎやろ」と思った記憶があるが、その後の彼の歩みはそのアナウンサーの言葉さえ遥かに超えた。
    この本を読んでいる最中、スマートレイアーを導き京都大賞典を勝ったが、同一重賞9勝目、そしてJRAのGⅡ通算100勝目という記録づくめの勝利になった。
    勝利騎手インタビューで丁寧に語られる一つひとつの何気ない言葉にさえ、今や胸が熱くなる。

    この30数年間、日本の競馬は武豊とともにあった。競馬界(だけではないが)にとって特別な存在である武豊を近くで見てきた作者が語るこれまでの軌跡。
    淡々とその年ごとのトピックが語られていく内容は些か薄味で、近藤利一との確執や社台グループとの関係など取り上げはしても核心に触れることもないが、元よりこれだけの頁で語れる筈もない。

    私は特別に武豊のファンというわけでもなく、寧ろ彼が乗れば過剰に人気になるので遠ざけた方だが、デビューの日から絶頂期、毎日杯の落馬事故を端緒とするスランプを経て、今やリーディング争いなどは超越したかのように乗り続ける最近の騎乗振りを見るにつけ、還暦まで乗る、第100回ダービーに乗る彼の姿を見てみたいと心から思う。
    そこまで私も元気で生きていこう。

全1件中 1 - 1件を表示

島田明宏の作品

誰も書かなかった 武豊 決断 (徳間文庫)はこんな本です

誰も書かなかった 武豊 決断 (徳間文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする