短篇ベストコレクション: 現代の小説2018 (徳間文庫)

制作 : 日本文藝家協会 
  • 徳間書店
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (588ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198943615

作品紹介・あらすじ

おなじみのベテラン以外は、いつになく清新な顔ぶれになった。日本のエンターテインメント小説の現在を如実に表しているのかもしれない。中途半端な人気に胡坐をかいているような者たちは新たなる芽にたちまち押し出されてしまうのだ。2017年度、小説誌に発表されたあまたの作品から選ばれた16作品をご堪能あれ。選考委員は、川村湊、清原康正、杉江松恋、森下一仁。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ◎仮名の作家 小川洋子
    ◯りゅりゅりゅ流星群 雪舟えま
    ◯緑の子どもたち 深緑野分
    ◯廊下 川上弘美
    ◯公園 三崎亜記
    雪舟えま目当て小川洋子と雪舟えまのは既読だった

  • 当たり前だが、作者によって文体や雰囲気が違い、読み終わった後の満足感が高かった。

  • 【収録作品】「廊下」川上弘美/「りゅりゅりゅ流星群」雪舟えま(BL)/「頸、冷える」河﨑秋子/「仮名の作家」小川洋子/「精神構造相関性物理剛性」野﨑まど/「ハンノキのある島で」高野史緒(近未来)/「おとうさん」いしいしんじ/「髪禍」小田雅久仁(新興宗教)/「コンピューターお義母さん」澤村伊智(近未来)/「皇居前広場のピルエット」恩田陸/「緑の子どもたち」深緑野分/「土産話」藤田宜永/「陽だまりの中」唯川恵/「穴の開いた密室」青崎有吾(ユーモアミステリ)/「公園」三崎亜記(近未来)/「落星始末」勝山海百合(古代中国怪異譚)

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

阿川佐和子 井上荒野 奥田英朗 柿村将彦 片瀬二郎 北原真理 今野敏 桜木紫乃 佐々木愛 佐々木譲 瀧羽麻子 田中兆子 馳星周 村田沙耶香 柚木麻子

「2020年 『短篇ベストコレクション 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×