夫が邪魔 (徳間文庫)

著者 :
  • 徳間書店
3.13
  • (1)
  • (9)
  • (16)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 127
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198944759

作品紹介・あらすじ

「殺意が見える女」(第五十一回日本推理作家協会賞短編部門候補作)を収録した名作短篇集

仕事がしたい。
なのに、あの男は“私の家”に帰ってきて偉そうに「夕飯」だの「掃除」だの命令する。
苛立ちが募る女性作家のもとに、
家事を手伝いたいと熱望する
奇妙なファンレターが届く(表題作)。
嫌いな女友達より、恋人を奪った女より、
誰よりも憎いのは……夫かも。
あなたが許せないのは誰ですか。
第五十一回日本推理作家協会賞
短編部門候補作を含む極上ミステリー七篇。
(解説:杉江松恋)

<目次>
夫が邪魔
マタニティ・メニュー
二十五時の箱
左手の記憶
捕えられた声
永遠に恋敵
殺意が見える女

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • タイトルに惹かれて。
    昔出版された本のタイトルを変えて出された本だそうです。
    古さは一部の小道具を除いて感じさせません。
    結構危ない人たちが繰り広げる短編ドラマ集です。
    いそうでいない、いなさそうでいる。そんな男女が描かれています。
    短編ミステリなので、不安・不穏な雰囲気もほどほどで楽しめました。

  • 半世紀以上生きていると、自分の回りから居なくなれば良いのにと思う人が少なからず居た。学生時代の同級生であったり、働き始めてからの上司や同僚であったりと様々だった。邪魔さ加減の濃淡はあったが、中には顔を見るのも嫌だという人も居たのは事実だ。

    言葉が過去形なのは、ここ数年はそういう「邪魔だ」と感じる人が居なくなってからであり、ありがたいことだなと思う。それはたまたまなのではなく、私自信がある程度年齢が高くなってきたことで、周囲とむやみにぶつかるということがなくなってきたからではないかと思う。自分の姿が相手にも反映するという、“鏡の法則”なのかもしれない。

    昨年亡くなった母も、今年亡くなった父も、どちらも穏やかな晩年を過ごしていた。怒ることもなく、気の会う仲間と集い、趣味を楽しみながら夫婦で旅をする。そんな穏やかな晩年を過ごせたのはひとえに周囲の方々のおかげだが、夫婦仲良くいつも二人で語り合い、連れだっていたからだと思う。

    一緒にいる時間を増やし、たくさん会話をする。それが夫婦円満の秘訣のひとつなのだろう。


    新津きよみさんが書かれた「夫が邪魔 (徳間文庫)」は、夫を疎ましく思う妻が主人公の短編集。タイトルと表紙にドキッとさせられる一冊だ。

    新津きよみさんは、人の心の奥にある闇や哀しさを巧みに描写される作家さんだが、さらにミステリーの要素も加わっているので一気読みしてしまう。今回も同様に一気読みしてしまった。

    表題作の「夫が邪魔」は女性作家が主人公。著書が評判となり仕事が次々とやってくるが、夫は作家業に全く理解を示さず、食事の用意や家の掃除を当然のように要求する。夫の持つネジ曲がった価値観に振り回されるうちに、徐々に苛立ちが募って来る。そんな時に、住み込みでの家事手伝いを希望する熱烈なファンからの手紙が届く。ファンと作家との手紙のやり取りが続くうちに、事態は不穏な方向に進んでいくのだが。

    このほか、「夫が邪魔だ」といわんばかりの短編が6話、全部で7話が収録されている。20年前の書籍が名前を替えて再登場したようだが、20年経っても面白い作品はやはり面白いままだなと感じた。

  • 七編収録されている短編集。人の思い込みや裏切り、疑心暗鬼、復讐とさまざまな感情に囚われ動かされている登場人物たち。思わぬ展開を見せたり不安や不穏な気持ちにさせられたりと読み応えのある短編集。

  • 夫が邪魔。
    新津きよみさん。

    笑い話の
    夫が邪魔な話だと思って、読み始めたけれど、
    少し難しめの、夫が邪魔な話でした。

  • 仕事がしたい。なのに、あの男は"私の家"に帰ってきて偉そうに「夕飯」だの「掃除」だの命令する……。苛立ちが募る女性作家のもとに、家事を手伝いたいと熱望する奇妙なふぁんれたーが届く。(表題作あらすじより)

    なんかちょっと物足りない。盛り上げも嫌な感じも十分膨らんでるのに表題作もえっそっち?みたいな、どの話もオチが明後日の方向であっさり終わってしまってる印象だった。あと別に夫が邪魔で男女のどうこうより、女同士の情念の話が多かったので改題前のが良かったのでは。『永遠にライバル』と『殺意が見える女』は収まりがよくて良かった。

  • 2020 1/27

  • 題名に惹かれて。笑
    短編集だとは知らず〜旦那が邪魔なお話は最初と最後の2つののみだったけど全てのお話が怖い女性達のミステリー。
    ぞわぞわーっとするお話ばかりでとても面白かった。旦那が邪魔感が思ってたのと違い怖い感じでの邪魔だったw

  • 新津きよみさん、初めて読みました。タイトルの夫が邪魔を含む短編集。ブラックミステリー、女性が男性に対して抱く感情が招く不幸な出来事の数々。女性が読んだらスッキリするのでしょうか…。男性はこわい女性心理を学ぶことが出来ます。

  • +++
    仕事がしたい。
    なのに、あの男は“私の家"に帰ってきて偉そうに「夕飯」だの「掃除」だの命令する。
    苛立ちが募る女性作家のもとに、
    家事を手伝いたいと熱望する
    奇妙なファンレターが届く(表題作)。
    嫌いな女友達より、恋人を奪った女より、
    誰よりも憎いのは……夫かも。
    あなたが許せないのは誰ですか。
    第五十一回日本推理作家協会賞
    短編部門候補作を含む極上ミステリー七篇。
    (解説:杉江松恋)
    +++

    目を惹くタイトルであり、多くの妻たちの共感を得られそうな印象だったのだが、実際は、設定が一般的とは言えないこともあり、いささか期待外れではあった。それでも、それぞれの物語の女性の気持ちが、実際の行動にどう結びついていくのかを想像しながら読むのは興味深くもあった。視点の移動による小さなどんでん返しもあり、著者らしい一冊と言えると思う。

  • 新刊と思って買ったが、全部既読だったのでおかしいなぁと思ったら、既刊本の改題だった。でも、面白かったので良い。思惑渦巻く表題作と、意外な展開の「殺意の見える女」が好き。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

長野県生まれ。『女友達』『トライアングル』『ふたたびの加奈子』など多くの作品が映像化されている。近著に『神様からの手紙 喫茶ポスト』『二年半待て』(徳間文庫大賞2018)『シェアメイト』『誰かのぬくもり』などがある。

「2019年 『夫が邪魔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新津きよみの作品

ツイートする