夫が邪魔 (徳間文庫)

著者 :
  • 徳間書店
3.04
  • (1)
  • (12)
  • (31)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 210
感想 : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198944759

作品紹介・あらすじ

「殺意が見える女」(第五十一回日本推理作家協会賞短編部門候補作)を収録した名作短篇集

仕事がしたい。
なのに、あの男は“私の家”に帰ってきて偉そうに「夕飯」だの「掃除」だの命令する。
苛立ちが募る女性作家のもとに、
家事を手伝いたいと熱望する
奇妙なファンレターが届く(表題作)。
嫌いな女友達より、恋人を奪った女より、
誰よりも憎いのは……夫かも。
あなたが許せないのは誰ですか。
第五十一回日本推理作家協会賞
短編部門候補作を含む極上ミステリー七篇。
(解説:杉江松恋)

<目次>
夫が邪魔
マタニティ・メニュー
二十五時の箱
左手の記憶
捕えられた声
永遠に恋敵
殺意が見える女

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 新津さんの長編は何作品か読んだことがありますが、どうも私とは波長が合わず長らく触れておりませんでした。
    年月を経て短編集に挑戦...(ง ˙-˙ )ง
    ジョワりとする鳥肌モノのオンパレは有意義な読書時間を提供してくれるものの、昔の作品ということもありガツンと来る様な衝撃は残念ながらありませんでした。
    レビューを書くのに何日か空いてしまいましたが完全に内容がフライアェイしておりますごめんなさいごめんなさい...(←)

    タイトルのインパクトの強さと芸術感漂う美しい装丁を感じるだけでも◎(投げやり)
    確かー可哀想なメンズ達ーがやたら登場した気がするので、気がするので(2回目)
    女のドロっと感を味わいたければ迷わず手に取るべき1冊かと思います( *˙ω˙*)و
    短編集が苦手+フライアェイ現象に陥った状態の中身無しのレビューで大変申し訳ございませんが、
    特に「なんだかなぁ(´・_・`).。oஇ」となる事もなかった気がするので、気がするので(2回目が2回目←)休憩本としてのご紹介に留めさせていただきたいと思います。

    .....なんか、ごめんなさいっ!!!!!笑

    • nejidonさん
      NORAさん♪
      期せずして、ものすごく面白いです(笑)
      こんなに謝っていらっしゃるのに、ケタケタ笑ってしまいました(*'▽')
      色々読...
      NORAさん♪
      期せずして、ものすごく面白いです(笑)
      こんなに謝っていらっしゃるのに、ケタケタ笑ってしまいました(*'▽')
      色々読むと、当りもあればハズレもあります。
      次は良い本にあたりますよ、(たぶん)。
      どうぞめげずに、読んでくださいませね。
      2021/03/22
    • NORAxxさん
      nejidonさん(*´ω`*)
      内容を忘れてしまった失態をネタレビューにてカバーするのです(出来てない)笑
      良い本、、、に巡り会った未来の...
      nejidonさん(*´ω`*)
      内容を忘れてしまった失態をネタレビューにてカバーするのです(出来てない)笑
      良い本、、、に巡り会った未来の自分を想像するとジェラシー感じちゃいます。もんもん。
      そんな未来に早く到達できるようコツコツと色々読んでいきまする!!
      2021/03/22
  • 女は怖い。
    男はどうしょーもない。
    この本で起きる事件は、大体が、男の自業自得である。
    女の方とて、それなりにブーメランを喰らうのだが、女が怖いのは、ブーメランを恐れないからだ。
    男は保身をする、ずるい生き物。
    女は刺し違えてもいいと思っている。

    女は弱いから、自分に逆らわないと思い込んでいてはいけない。
    自分が女の上に君臨していると思い上がってはいけない。

    しかし、出てくる女性が皆、ちょっと狂気。
    なぜそこまで固執してしまう?
    なぜ尾行してしまう?

    全てに「やられた!」と思うオチが付いていて、それでもまだ何かが始まりそうな不穏さを孕んでいる。

    『夫が邪魔』
    趣味の良い邸宅に住まう、人気小説家・朝倉夕子。
    彼女の小説が売れ始めると共に、夫が執筆をさせまいと完璧な家事を強要してくるようになった。
    ある日、熱狂的なファンと名乗る、片山京子から、家事をお手伝いさせて欲しい、という手紙が届く。
    「夫が邪魔」は、「朝倉夕子」とともに脈々と受け継がれていくのか。

    『マタニティー・メニュー』
    元彼と結婚した女の妊娠を知る。
    女性特有の病気で子宮をとってしまった柿沼よしみは、子宮のある女に嫉妬する。

    『二十五時の箱』
    妻のいる男の子供を孕ってしまった、小倉香陽子(おぐら かよこ)が羽田空港のコインロッカーに入れたものとは?

    『左手の記憶』
    スキーに行って右手を骨折した作家・佐伯郁弥(さえき いくや)はワープロを打つにも苦労する。
    生まれつきでは左利きだったのだが・・・
    口述筆記のために雇った女性の正体とは?

    『捕えられた声』
    あなたの声が好きなんです。
    気持ちの悪い電話。

    『永遠に恋敵(ライバル)』
    怖い女たちだが、どこかコミカル。
    彼女たちの見栄の張り合いと負けず嫌いのために事件が起きたようなものだが、男の人生が壊れても、それは終わったもの、と切り捨てられるのがすごい。

    『殺意が見える女』
    由美は、喫茶店で離婚届を凝視している女を見て、激しく興味を引かれた。
    自分と似ている。
    「夫が邪魔」と構造が似ているかもしれない。

  • 短篇集
    女性の視点で 夫を消したい
    自分を振った婚約者を亡き者にしたい
    彼氏を奪った旧友に復讐したい
    など複数の話。二回目はないかな

  • 短編集です。
    インパクトすごすきのタイトルですよね(^_^;)。
    中身が気になって手に取りました。
    私は決して夫が邪魔とか思ってないです(*^^*)。
    7編のストーリーですが、どれもミステリー。出てくる女性たちが怖すぎます。一部男性も怖かったけど。というかすごい狂気‥。読み物としては面白いです!非現実的ですけど小説ですしね。
    よくこんなストーリー考えつくなぁ…作家さんてスゴイ。

  • 半世紀以上生きていると、自分の回りから居なくなれば良いのにと思う人が少なからず居た。学生時代の同級生であったり、働き始めてからの上司や同僚であったりと様々だった。邪魔さ加減の濃淡はあったが、中には顔を見るのも嫌だという人も居たのは事実だ。

    言葉が過去形なのは、ここ数年はそういう「邪魔だ」と感じる人が居なくなってからであり、ありがたいことだなと思う。それはたまたまなのではなく、私自信がある程度年齢が高くなってきたことで、周囲とむやみにぶつかるということがなくなってきたからではないかと思う。自分の姿が相手にも反映するという、“鏡の法則”なのかもしれない。

    昨年亡くなった母も、今年亡くなった父も、どちらも穏やかな晩年を過ごしていた。怒ることもなく、気の会う仲間と集い、趣味を楽しみながら夫婦で旅をする。そんな穏やかな晩年を過ごせたのはひとえに周囲の方々のおかげだが、夫婦仲良くいつも二人で語り合い、連れだっていたからだと思う。

    一緒にいる時間を増やし、たくさん会話をする。それが夫婦円満の秘訣のひとつなのだろう。


    新津きよみさんが書かれた「夫が邪魔 (徳間文庫)」は、夫を疎ましく思う妻が主人公の短編集。タイトルと表紙にドキッとさせられる一冊だ。

    新津きよみさんは、人の心の奥にある闇や哀しさを巧みに描写される作家さんだが、さらにミステリーの要素も加わっているので一気読みしてしまう。今回も同様に一気読みしてしまった。

    表題作の「夫が邪魔」は女性作家が主人公。著書が評判となり仕事が次々とやってくるが、夫は作家業に全く理解を示さず、食事の用意や家の掃除を当然のように要求する。夫の持つネジ曲がった価値観に振り回されるうちに、徐々に苛立ちが募って来る。そんな時に、住み込みでの家事手伝いを希望する熱烈なファンからの手紙が届く。ファンと作家との手紙のやり取りが続くうちに、事態は不穏な方向に進んでいくのだが。

    このほか、「夫が邪魔だ」といわんばかりの短編が6話、全部で7話が収録されている。20年前の書籍が名前を替えて再登場したようだが、20年経っても面白い作品はやはり面白いままだなと感じた。

  • タイトルに惹かれて。
    昔出版された本のタイトルを変えて出された本だそうです。
    古さは一部の小道具を除いて感じさせません。
    結構危ない人たちが繰り広げる短編ドラマ集です。
    いそうでいない、いなさそうでいる。そんな男女が描かれています。
    短編ミステリなので、不安・不穏な雰囲気もほどほどで楽しめました。

  • 新津きよみらしい嫌な感じがひとつひとつにちりばめられていて満足。
    一番最後の「殺意が見える女」が、ハッピーエンドに向かっているようでちゃんと後味が悪くて一番好きだった。


  • 読後感かなりざらざらする短編集。ややミステリ風。イヤミス?

    女の嫉妬と執着とは。

  • ミステリー短編集。

    作家として軌道に乗った自分に家事を要求し、書く時間をくれない夫。
    婦人科の治療で訪れた病院の待合室で遭遇した妊婦は、自分の恋人を奪った女性だった。
    自分から恋人を奪った友人と偶然再会し、彼の浮気を相談される。
    奥さんと離婚しようとしない彼に妊娠を伝えるために、直接的ではない方法を考える。

    それぞれ恨みつらみ何かを抱えてる人たち。
    思うようにいったりいかなかったり。
    人の思いの強さは、時に思いがけない行動に出たりするけど、勢いだけでは上手くいかないもの。
    憎しみは持続しないとも言うけど、持続した憎しみはどんどん大きくなって、こうやって静かに、虎視眈々と、その瞬間を狙うのでしょうね。

    あなたが許せない人は、誰ですか?

  • タイトルに惹かれたものの何となく後ろめたくカバーをして読んだわ(笑)7編の中にはホラー要素もあったりで短編をじっくり楽しめた。短編特有の消化不良な部分はありあれ?という部分もあるけれど。結局どういうこと?という部分も含めて読後感はもやっとしたまま余韻が残った。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

長野県大町市出身。青山学院大学文学部仏文科卒業後、商社勤務などを経て1988年に作家デビュー。女性心理サスペンスを基調にした作品を多数手がける。『二年半待て』で2018年徳間文庫大賞受賞。近著に『始まりはジ・エンド』『セカンドライフ』『ただいまつもとの事件簿』などがある。

「2021年 『妻の罪状』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新津きよみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
今村 昌弘
湊 かなえ
東野 圭吾
東野 圭吾
東野 圭吾
柚木麻子
小野寺 史宜
凪良 ゆう
東野 圭吾
森見登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×