FLESH & BLOOD〈1〉 (キャラ文庫)

著者 :
  • 徳間書店
3.83
  • (95)
  • (64)
  • (134)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 587
レビュー : 68
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199001925

作品紹介・あらすじ

イギリス海賊の英雄キャプテン・ドレイク-彼に憧れる高校生の海斗は、夏休みを利用して、海賊巡りの旅を計画。ところがドレイクゆかりの地プリマスで、海斗はなんと、次元の壁に飲み込まれ、大航海時代へタイムスリップ!!ドレイクの信頼も厚い、海賊船の船長ジェフリーに助けられ…!?エリザベス女王率いる海賊達と、スペイン無敵艦隊がくり広げる海洋ラブ・ロマン。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 偶然手にとって読んでみたらハマりました。現代から過去の中世の時代に飛ばされるファンタジーものですが、ファンタジーが苦手な私でも違和感なく入り込めました。その時代の実情等、詳しく書かれている所も非常に好感が持てます。

  • 蜿倶ココ縺九i蛟溘j縺セ縺励◆縲
    迴セ莉」縺ョ鬮俶?。逕溘′16荳也エ?縺ョ繧、繧ョ繝ェ繧ケ縺ォ繧ソ繧、繝?繧ケ繝ェ繝??縺励※譛ャ迚ゥ縺ョ豬キ雉翫↓縺ェ繧玖ゥア縺ョ繧医≧縺ァ縺吶?る?比クュ縺九i菫?┯髱「逋ス縺上↑縺」縺ヲ縺阪∪縺励◆縲

  • アルマダの海戦について展開していくだろう海洋冒険もの
    いわゆるひとつのBLだからなのか
    知名度低い(わけではないのかもしれないが)が
    きちんと書けていて
    塩野七生『レバントの海戦』とか茅田砂胡作品とかああいう感じ
    「女子向けライトノベル」であっても主人公を少女にしなくていいぶん
    相当に話が楽そうである
    これが効用かと納得する

  • 前々から設定が好みだな〜と思って気になっていた作品。やっと電子化されたので手にとってみたのだけれど、想像に違わず、海賊の中に放り込まれた未来から来た美少年がイイ。船長のジェフリーが見た目だけじゃなくほんとイケメンで、カイトのことを甘やかしまくるので、読んでいてほっこり。早くカイトが素直にジェフリーに甘えるようにならないかなぁ。先が楽しみでたまらない。

  •  イギリス在住の日本人の少年二人は、憧れの海賊であるキャプテン・ドレイクの足跡を辿るための旅に出る。
     ところが旅の途中で、少年のうちの一人・海斗はドレイクゆかりの地であるプリマスで、次元の壁のようなものに飲み込まれてしまう。
     海斗が目覚めた場所はまさしくそのキャプテン・ドレイクが活躍する「大航海時代」。
     信じられないことに海斗はタイムスリップしてしまったようなのだ。
     途方に暮れる海斗だったが、運よくドレイクの信頼も厚い、海賊船の船長・ジェフリーに助けられる……

     という話でした。
     まだまだ物語は始まったばかりなので、いったい全体、物語が何処にたどり着くことになるのか、まったく想像が出来なのですが(そしてどれだけのカップルが誕生するのか……)。

     何はともあれ、海斗はジェフリーに助けられながらも、海の上に旅立って行きました。
     長い物語の始まりの話。
     イングランド史に詳しいと、知ってる名前とかが出てきてもっと面白くなるんですが、残念ながら私は、海外の歴史は専門外なので、さっぱりわからないので、新しい言葉がたくさん出てきておもしろいなあ……と思うレベルです。
     まあ、いわゆる完全なファンタジーですね。
     ただ、ここから先はとてもとても長い旅になると思うので、最後まで付き合う気力のない人じゃないと読めない本だと思います。

     道のりはとてもとても長いので、それだけは気をつけて。
     私も先は読んでいないので、これから先がどうなるのか、に関してはまったく未知数です。

  • 2015年7月西宮図書館 再読

  • ファンタジー系BLの金字塔の第一巻。
    カイトとジェフリーが出会って三秒で恋に落ちるようなスナックBL的展開ではなく、一段一段階段を昇っていくのが大変すばらしい。
    大航海時代のイギリスにカイトがタイムスリップする歴史系ファンタジーですが、時代考察がしっかりしておりちゃんと話のあるBLを探している方にオススメしたいシリーズ。
    たまにBLレーベルだったことを忘れます。

  • 16世紀の大航海時代にタイムスリップしてしまった少年とエリザベス女王率いるイギリス海賊、スペイン無敵艦隊が繰り広げる海洋ラブ・ロマン。
    個人的にはかなりツボでしたが、主人公は若干癖が強く好みが別れるかも。(14/7/23)
    再読了(14/8/1)

  • あらま。大航海時代へ17歳がタイムスリップしちゃう話だとは知らんかった。こんな状況に置かれてもパニックにならない海斗は図太いな。現代に取り残された和哉の方がパニックになってたりして。今後、現代視点もあるのかな?読み手としては今の所イングランドとスペイン公平に俯瞰して見られるけど、どちら側に立って物を見るかで善玉悪玉の印象が相当変わってくる。ジェフリーも気が良くて好きだけど、やっぱビセンテが麗しく見える♪もっと登場を。しかしタイトルのように肉体肉体してないんですが、血沸き肉踊る冒険ぐらいの意味なのか?

  • ◇◆友人とイギリス旅行中の海斗が、16世紀頃のヨーロッパ史の世界へタイムスリップしてしまうお話◆◇

    そこで知り合ったスペイン人やイギリス人に助けられたり、一緒に船旅したり、予言者の海斗を取り合ったりします。
    気の強いちょっとワガママな海斗がふつうの男の子っぽくて自然ですが、キャラ的に好き嫌いが分かられるかもしれません。BL的にはあんまりそそられないかな〜。海斗の魅力がわかりにくい。

    私的には、どっちかっていうと金髪のジェフリーや黒髪の美男子ナイジェルやビセンテなど、主人公よりそっちに萌えました(笑)

    なんにせよ、BL色は薄いです。

    長い目で期待してます^ - ^ ♪♪♪

全68件中 1 - 10件を表示

松岡なつきの作品

FLESH & BLOOD〈1〉 (キャラ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×