烈火の契り (キャラ文庫 し 2-11)

著者 :
  • 徳間書店
3.59
  • (13)
  • (25)
  • (30)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 138
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199004438

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 絵師さん買い。いろいろと独自な設定はあれどすーっと入ってくる良いお話だった。一生男女の関係を持つことが禁忌な伝い手のつがいは男でなければならないというのも、クライマックスの儀式も萌え★なにより彩さんの挿絵がもう…

  • 秀さんの小説にはまっていた時に買った作品ですが、時が過ぎ…絵が苦手だったので積んでおりました。
    だけど読んでみて驚きです。
    凄いサスペンス。
    いや、普通の小説の中でのサスペンスだと並かもしれませんが、BLレーベルの中では異色かもしれません。流石はキャラ文庫。私は好きです。
    読んでみて思ったのは最初は苦手意識のあった絵なのですが、読んでみたら作品にマッチしておりこの作品にしっくりとくる絵でした。でも、手を出すのは難しいなぁ…と。

  • 読んでる途中で死人が出てビックリした。
    確かに死人が出そうな孤島ものだったけどさwえ?これBLだよね?ってwww  

    それにしても美しい表紙です。

  •  自分の父が生まれた島、また自分も幼い頃に過ごした島を守りたい、と斎は思っていた。
     ところが、自分の勤める不動産会社が、今や誰も暮らすことのなくなってしまった島を丸ごと買い取り、リゾート開発をしようという話が持ち上がる。
     斎は必死に反対をしたけれど、大幅に島の地形を変えてしまおうという強硬派が社で主導権を握り、その視察の一環として島を訪れることになった。
     斎はこの視察の最中に何としてでも、島の地形を変えてしまうような開発だけは止めさせようとその一行に同行する。
     そこに案内人として現れたのが、褐色の肌をした島の青年・高良。
     実は斎と高良は、十八年前にこの視まで夏を共に過ごしたことのある関係だった。
     それ以来、音信普通となっていた高良との再会に、斎は喜ぶけれど、高良は厳しい顔を崩さない。
     それは、開発者に対する島の人間の態度かとも考えたけれども、どうやらそれだけではないようだった。

     チームは、様々な立場のものが入り混じっている状況で、お世辞にもチームワークがいいとは言い難い。
     小さな揉め事を多々抱えながらも、水も電気も引かれてない都会では考えられない極限状態で、それぞれの人間の本性があらわになる。
     そんなさなか、突然、チームの一人が謎の死を遂げてしまう。
     一体、誰を信じたらいいのかわからない疑心暗鬼の空気が蔓延する中、斎は高良と行動を共にするけれど、高良は「おまえは俺のつがいなんだ」と謎の言葉を告げてきて――

     という話でした。
     ホラーとミステリーテイストもありつつのBL。
     なかなか薄ら寒い話だったように思います。

     ただ、話がこりすぎててイマイチしっくりこない。
     というか、オチがあっけなさ過ぎたんですかね……?

     なんだか気持ちがすっきりしない話でした。
     それで二人でくっついてめでたしめでたしでいいのかなぁ――と。

     まぁ、いろいろ言いたいことはいっぱいありますが、二人がいいのならそれでいいんだと思うしかないような気もします。

  • おもしろかったー。
    サスペンス風味で、殺人事件とかそんな感じ。
    BL要素がとってつけたみたいな空気感ですが、沖縄の無人島に
    ただよう熟れて腐り落ちる前のむせかえるような甘い匂いというか、
    気怠い湿気を含んだ空気感というか……。
    情景描写が秀逸です。
    そんな情景描写を助けまくってるのが、ピンナップのカラー絵。

    沖縄の抜けるような青空を背に立つ攻様が、ものっそいい味出してます。

    古い因習とか、言い伝えとか、役割とか、なんとも神秘的な設定と、
    窮地に追い込まれて剥き出しになった人間の本性とか、とても
    読み応えがあります。
    萌え……はどうだろう。
    白い単衣と鏡プレイが書きたかったのかな……。
    伝い手はその存在を知られてはいけない、という掟みたいなのが
    あるわりには、まぐわう姿を人前に晒すとか、矛盾点が気になって
    しまって気が削がれました。


    でも内容自体はとっても面白かったので、おすすめです。

  • ミステリアスでエロスな1冊。序盤にある少年同士の血の交わりが淫靡で妖しげな雰囲気があり、一気に引き込まれました。男同士の『つがい』という単語が萌えツボなので、これが出てきて一人滾っておりました。彩さんの絵が作品の雰囲気にぴったりで相乗効果が大きいです。みなさん書かれてますが、口絵カラーが素晴らしい!絵に魂が吸い込まれそうでした。。。

  • サスペンス的な要素あり
    無理やり纏めて色んな事が中途半端な印象。
    話はしっかりしてるのに勿体無いです
    これが最後にBLになってくれるのか不安で推理どころじゃ・・

  • 可もなく不可もなく。彩さんの独特の絵柄と不思議な島の雰囲気が合っていたかと。自分には少し苦手なジャンルでした^^;;

  • 【感想】
    凄く読みたかった本。
    めっちゃ良かったです。
    おすすめ!!!
    離島に行ってみたい(笑)
    予想外の展開にテンションあがった。

    【あらすじ】
    思い出が眠る島を守りたい!!リゾート開発の視察で、離島を訪れた斎たち不動産会社の一行。案内人は褐色の肌をした島の青年・高良―18年前、この島で夏を共にした相手だ。しかも高良は「おまえは俺のつがいなんだ」と謎の言葉を告げ、斎を無理やり抱いてきた!!拒みながらも、高良の愛撫に囚われていく斎…。けれど突然、チームの一人が謎の死を遂げ!?因習と伝承が息づく島のミステリアスLOVE。

  • 私の、萌えポイント目白押しでした♪そして、彩絵師の挿絵が素晴しい!!
    彩絵師の挿絵本買い始まる。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

秀香穂里 Kaori Shu
動画配信サービスにハマっていてずーっと観ています。そのうち、
配信者さんに憧れる受けの話が書きたいです!

「2019年 『溺愛アルファに娶られたホテル王』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秀香穂里の作品

ツイートする