FLESH & BLOOD12 (キャラ文庫)

著者 :
  • 徳間書店
4.26
  • (32)
  • (27)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 200
感想 : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199005145

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 蜿矩#縺ォ蛟溘j縺セ縺励◆縲ゅh縺?d縺上き繧、繝亥・ェ驍??蜉溘?

  • 2015年9月西宮図書館 再読

  • 最初に断っておきますと、この巻のジェフリーはとても素敵です。 しかしそれ以上に、スペインびいき、ビセンテ大好きな私としては、スペイン男の涙と愛を見せつけるビセンテに、同じように泣き、そうして愛おしい気持ちに一杯になりました。ビセンテがアロンソにいった、「(海斗を)愛しているのです」のセリフが胸を打ちます。もうこの巻は、ビセンテの愛を堪能し、涙する巻です。海斗の容態と、和哉の再登場をにおわせる描写も楽しみですが、ビセンテの前ではすべてかすんでしまいます。

  • この巻からイラストが変わったのね~。豊富で嬉しいわ。ついに海斗がジェフリーのもとに!仕方がない事とはいえ突然消えるようにビセンテから離れる別れ方は、読んでるこちらも『何だかな~』だったけれど、これなら納得の決着。辛いけど最上の成り行きだわ。でもでもビセンテ、この後どうなる?そして海斗の体調も?

  • 今回の大きな変化の一つとして大きいのが、担当されているイラストレーターさんが変わったこと。実は、このシリーズを手に取るきっかけとなったのが、こちらのイラストレーターさんに惹かれたことでした。
    イラストのタッチ、絵柄がストライク。いろんなキャラの表情が挿絵に描かれていて、新鮮でした。特にキット。
    ~11巻までのイラストも繊細で嫌いではなかったのですが、挿絵が変わるだけでキャラへの印象が自分の中でがらりと変わったことに驚きました。
    1巻のレビューでも書きましたがカイトがどうも苦手なようで、思考の描写が入る度に、甘えっぷりとズルさがどうにも……それに加え、ジェフェリーも苦手になってしまい、メインカップルが苦手という矛盾を抱えて(ナイジェルとビセンテが好きなので)読み続けてきました。
    それが、あら不思議。少し薄らぎました。カイトのビジュアルから(個人的な印象ですが)生意気さが減ったように感じたからかな、と。とは思いつつも、ラストの方でやっぱり他人の好意につけ込む思考を読んでるとダメでした。周りがべた褒めするほど、カイトの良さが本当に理解できなくてつらい。いい男がなんで揃いも揃って……とりあえずちゃんと経緯を説明してビセンテの優しさを他の登場人物が知る日が来ると少し見直せますので、続刊に期待。このままではあまりにも不憫。

    と、マイナス面はさて置き。
    今回のビセンテの決断はぐっときました。
    あれだけ(~12巻まで)求めて追って、自身の想いに気づいて。これからを願っていたはずなのに。こういう身の引き方させてしまうのか……と。奪い合って敗北して諦めざる終えない状況よりも、残酷といえば残酷だが、本人の意思で送り出した展開の方がビセンテは納得できるのかな、とビセンテの心情を考えてしまいます。
    ビセンテの今後はどうなってしまうのか。彼の周りにもアロンソやレオという素敵な人がいるから時間はかかっても立ち直ると信じていますが、カイトをイングランドへ連れ帰られた処罰が心配。

    13巻からはどのような展開が待っているのか。
    ナイジェルの決意、キットの恋も見守りつつ次巻へ移ります。

  • ビセンテが誠実でみててつらいです。

  • 今回から大ファンだった彩さんに挿絵変更です。
    そしてその麗しい挿絵で、ビセンテ様の独壇場。
    この度の巻は、いくら格好良いジェフリーといえど、完全にビセンテに
    持ってかれちゃってます。そんくらい、格好良い。
    そしてせつない……ひたすらせつない。
    ビセンテの気持ちが痛いほど伝わってきて、読んでる方も身を切られそう。

    そしてカイトの結核と、なんだかもう怒濤の展開に目が回りそうです。
    次回から待望のイングランド組ですが、ビセンテ様が遠のくのが寂しい。

  • レイバどのもキッドもイケメンですなー!
    とりあえずスペイン脱出!

  • ラウルの計画通りに嘘の指令で城を後にしたビセンテが居ない間に城には火が放たれ海斗は場外に出ることに。
    ラウルの裏をかいてラウルから海斗を奪還するジェフリー。
    そして引き返してきたビセンテをラウルは更に陥れようとするが…。



    海斗が結核であることを知ったビセンテが最後の口づけと共に海斗を解放する場面では泣きました。
    自分に気持ちが無いと知っても愛することがやめられないビセンテが不憫でした。
    海斗は魔性の男(笑)
    ビセンテ、いい人なのにね。


    今回からイラストが彩先生に変更に。
    途中で代わるってね…。どうなの?

  • 泣いたー…泣きました…
    これはヤバい…

    12巻からイラストが変更に
    美麗です
    でも、雪舟さんのジェフリーがワイルドで、カイトがやんちゃっぽくて可愛くて好きだったんだけどなー

全21件中 1 - 10件を表示

松岡なつきの作品

FLESH & BLOOD12 (キャラ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×