FLESH & BLOOD (14) (キャラ文庫)

著者 :
  • 徳間書店
4.27
  • (40)
  • (37)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 311
感想 : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199005602

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • トンネルの法則がよくわからないし、並行世界だなんて、一気にSFみたいになっちゃってるなぁと。
    リリー姐さんが素敵だわ。
    ジョーの料理、食べてみたい。

  • 蜿倶ココ縺九i蛟溘j縺セ縺励◆縲りイク縺励※縺上l縺溷暑莠コ繧りィ?縺」縺ヲ縺?◆縺代←縲√h繧ゅd縺薙≧縺?≧螻暮幕縺ォ縺ェ繧九→縺ッ諤昴>縺セ縺帙s縺ァ縺励◆縲ゅ■繧?▲縺ィ縺ウ縺」縺上j縲

  • なんとなく以前読んだあらすじでカイトが未来に一時戻るのは知っていたのだけど、その帰り方はずっと気になっていた。ジェフリーにちゃんと真実を言うんだろうか、とか。黙って行方不明な感じになるんだろうか、とか。それに関しては、ちゃんと2人が本当のことを話し合って、納得してジェフリーに送り出される展開になったので、本当に良かった。ほっとした。カイトの病気や、離れなくてはならないこととか、本当にジェフリーには辛いことばかりで、むしろ周囲のナイジェル達の方が取り乱すことが多いのに、当の本人がすごく落ち着いて耐えているのが泣ける…。元々そんな性格じゃないだろうに。試練が多すぎるだろ、この話。。

  • ナイジェルってもっと理性的かと思っていたら海斗の事となると直情型なのねぇ。ジェフリーとまるで性格が入れ替わっちゃったみたいだ。こっちとあっちを繋ぐトンネルの法則は、読んでもよく理解できなかったので、『まぁ上手く行き来できるんだろう』くらいの感覚で受け入れる(笑)。早く治して戻っておいでね。

  • 『王家の紋章』との大きな違いは、庇護者が絶対的な権力者かどうか、というところではないかと、1巻から15巻までぶっ通しで読んで、まず思いました。
    ジェフリーは王様ではないし、ビセンテも王子ではないので、双方とも権力では敵わない相手がたくさんいます。キャロルはエジプトに帰ってくると一安心、となるのですが、本作の主人公海斗くんの場合はそうは行かず、イングランドでもその身を狙われたりします。メンフィスの絶対的庇護下にあるキャロルとは安全の程度に確たる差があるわけです。まあキャロルもエジプトで何度も危ない目にあってますけど……。
    この点があるからなのか、なんだかどんな場面を読んでいてもはらはらしてしまったように思います。

    しかし、キャロルも海斗くんも、博識であるからこそ過去でも生きのびられたわけですよね……仁先生なんて本職のお医者さんですし……。
    私は歴史はまったくの門外漢、フランス語もスペイン語も、ましてエジプト語もさっぱり……激流の中で人を愛して、その人に愛されるというのは確かに美しく、憧れるものがありますが、タイムスリップはやはり遠慮しておきます。

  • ラウルきもいです。そして最後読んでて泣きそうでした。

  • 盛上がり感が尋常じゃないです。
    もの凄いカタルシス。
    いつか明かされるだろうと思ってたシーンをそこに持ってくるか。
    そしてジェフリーの決断に号泣。
    最後のページの挿絵に全部もってかれます。
    ジェフリーの表情が、もう全てを物語ってるというか……。

    この極悪な引きで、待て次回!!
    なもんだから、その悶絶具合といったら凄かったです、ええ。

  • スペインから命からがら脱出きたラウルはヤンに向かって海斗やジェフリーに対する復讐を改めて仄めかす。

    ジェフリーの元へ戻ることが出来た海斗の病状は悪くなっていく一方で、いつ病気の事を話せば…と思いながらプリマスへ戻り、当初の予定通り海斗奪還に失敗したことにしたジェフリー。
    そしてとうとうジェフリーの前で吐血し結核であることを伝えた海斗。
    見守るジェフリーに対し、ウォルシンガムも居るロンドンの医者へ連れ出すナイジェル。
    冬を越せないだろうと思っていた海斗はトンネルの暦の話をリリィとして21世紀に戻れる可能性を見い出し、ついにジェフリーに自分が21世紀から来たと明かす。



    ナイジェルが自分の思いだけで、海斗本人が望んでもいないロンドンに連れて行こうとした時はあまりにも自分勝手で憤った。もちろんナイジェルが母親を凄惨な方法で亡くしてしまいそれにトラウマを抱えているのは分かるけれど、自分が苦しくなりたくないだけの行動で自己満足にしか過ぎないのが読んでいてとてもイライラした。あまりにもエゴイスティックだと思った。

    とはいえ、海斗に説得されて戻れて良かった。

    そして海斗はトンネルを潜るわけだけど、えーっと、この話、最後はハッピーエンドにしてくれるんだよね?大丈夫?頼むよ! なフラグ立ちまくり。
    ジェフリーの世界に海斗が戻った時、ジェフリーは居るよね?大丈夫だよね?とこの先の展開に思いを馳せてしまいました。
    私が完結してない長い作品を読めないのは話の先が読めないから。なのに、それを破ってつい手を出してしまったけど、もしバッドエンドだったり、普通のハッピーエンドからズレたりしたら嫌だな。あ〜続きを読むのがツラい。


    という訳でジェフリーとの別れなどかなり切ない内容だったけど、ナイジェルの行動に同意出来なかったことと、この先の二人(ジェフリーと海斗)の未来がちゃんと交差するのかどうかかなり不安なので☆3つで。

  • うわぁー…
    ジェフリー……
    これはもう、ジェフリーがイイ男すぎるわ

  • 第14巻

    日に日に弱る海斗
    リリーが世話をするだけの状況に、ナイジェルが焦れます
    無理やりロンドンに連れて行こうとするけれど…

    ナイジェルは、海斗を隠しておくことの限界を感じ、行動を起こします
    海斗も、このままではいくらも生きていられない事に、21世紀に戻ることを決めます

    そして、トンネルは開かれ、ジェフリーは…
    次巻へ続く

全25件中 1 - 10件を表示

松岡なつきの作品

FLESH & BLOOD (14) (キャラ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×