美しい彼 (キャラ文庫)

著者 :
  • 徳間書店
4.52
  • (82)
  • (34)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 456
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199007804

作品紹介・あらすじ

幼いころから緊張すると言葉がつかえてしまうため、内向的で、高校でも目立たない存在の平良。
そんな平良が憧れるのは、クラスメイトの清居だ。人目を惹く美貌に、誰にも媚びない態度で、
クラスの王様として君臨する清居。「彼にとっては、誰もが平等に無価値なんだ──」
グループのみそっかす的な平良は、清居に忠誠を尽くすのが喜びだったけれど……!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • どん引きしそうなほどネガティブ攻めと女王受け。王道と言ってしまえば、それっぽいけど。やっぱり凪良ゆうの作品は良書が多い。

  • マイベストBLのトップに近い。
    好きすぎて、Amazon限定、電子版ともに追加で買いました。

  • 表紙に惹かれて漫画だと勘違いして購入。
    え?小説?…BL小説読んだことないんだけど。
    中身見ないで買ったらやっぱりダメだね。
    と少し放置してました。
    久々に存在を思い出し読んでみたら…めちゃめちゃ面白いんですけど!!
    あの時間違えた自分を褒めてあげたい。
    というか、こういう新たな出会いがあるから本って好き!と改めて思った一冊。

    受けがツンデレすぎて分かり辛くって、攻めがネガティブな俺さま過ぎて更に分かり辛くさせて、なかなか一筋縄ではいかないカプ。
    でもカチッとハマった時はもう離れられないくらいに強固な2人。
    需要と供給が合ってるみたいなことが書いてあったけど、まさに。
    最初は少し暗めでたんたんとしてて(でも面白い)、途中からどんどん明るくコメディっぽくなってきて、ハピエンで終わる。
    こんなに受けにキュンとしたの初めてかも。
    かわいい!かっこいい!好きだ。
    攻めもなんか一途過ぎて切なくなる。
    でも好き。

    大好きな一冊になりました。
    この作者さん、人気あるみたいだし他の本も揃えようかな。
    てかもう揃える気まんまんです!

  • 面白かったー!!!2人がどうなることかと思いましたが良かった良かった!清居くんまさかあんなに可愛いとは!

  • 比較的コメディ要素が強かったかしらん??
    やや現実離れっていうか、いい意味でフィクション感ありありな2人だったからかな・・・
    しかし全てのツンがガチ恋ゆえだったと思うと・・・凄いな・・・・・・と脱帽

  • 子供の頃からの吃音のせいで自己評価の低い平良と俺様で偽悪的な物言いをしてしまう清居の話。清居が好きすぎる平良は見ていると確かにちょっと気持ち悪いくらい。でもここまで好きだと思われ続けたら、もしかすると好きになってしまうかも。と思えてしまった。清居はなんだか好きな子に素直になれない「男の子」みたい。もう素直になればいいのに...。と言いたくなる。それが一番清居にとって難しいことなのかもしれないけど。

  • 漠然とイメージした話と全く違ったし良い意味で裏切られたのでとても面白く読みました。
    CD買う

  • 人気がある作品という事前情報だけで読み始めたので平良が受かな?と最初は思ってましたw
    前半と後半で視点が変わって、清居の印象もガラリと変わる辺りで神聖視していたのがよく分かって面白かったです。

  • 新しい扉を開いてしまった…!!
    清居を神のように崇める平良と、そんな平良の桁違いの愛情に惹かれてしまった清居の物語。お互い好き合っているのにかみ合っているのかいないのかよくわからない2人。振り回されてるのは清居の方だね。
    持ち前のスタイルで周りからチヤホヤされているけれど求めているものは自分だけを求める深い愛だなんて普段のキツイ態度に似合わず可愛い。。なのに思うように平良が動いてくれなくてやきもきして泣いちゃうところとかも最高だった。

  • 今まで読んだ凪良先生の本の中で一番好き 吃音の攻っていうとてもむずかしい素材をとても良く調理されていてすごいってなった(語彙力 受が心情告白する受視点の章からの楽しさすごい

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

凪良ゆう(なぎら ゆう)
小説「花丸」冬の号『恋するエゴイスト』(白泉社)でデビュー。『雨降りvega』(イラスト:麻々原 絵里依)、『365+1』(イラスト:湖水 きよ)などの作品を手がける。主にボーイズラブ系で活動。
作品多数。主な作品に、『積木の恋』『未完成』『美しい彼』『ショートケーキの苺にはさわらないで』『おやすみなさい、また明日』『2119 9 29』『雨降りvega』など。
『悩ましい彼 美しい彼3』がBLアワード2020 BEST小説部門第1位を獲得。

凪良ゆうの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
榎田 尤利
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

美しい彼 (キャラ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×