初恋の嵐 (キャラ文庫)

著者 :
  • 徳間書店
3.88
  • (12)
  • (32)
  • (13)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 182
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199008214

作品紹介・あらすじ

「俺は将来、悪徳弁護士になって金を稼ぐんだ!!」大学生と偽って蜂谷の家庭教師に現れた同級生の入江。目的のためなら年齢詐称も厭わない現実主義者だ。有名ラーメン店の跡取りで、将来が決まっている蜂谷は、自分と正反対な入江に驚かされてばかり。共にゲイだと知っても「お互い範疇外だ」と言い続けていたけれど!? 築き上げた友情の壁は簡単には崩せない──こじらせまくった永い初恋v

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 究極の両片思いでしたー
    分かってるのにキュンキュンした

  • 2017/04/20
    かわいいー
    実はお互い好きなのに、今の関係を壊したくないから友達で…と、4年!いや、4年以上かな?
    ずっと気持ち押しとどめたままの2人。

    しかも、入江は頭良いのに
    恋には鈍感すぎる。
    もうちょい、勇気出してよー!!と
    途中何回か思うところはあるものの
    最後は幸せな2人が読めて良かった☆

  • 大好き・木下けい子センセの挿し絵。このまま
    まんが化してほしいほどハマるお話のかわいらしさ。
    同じ高校にイケてる容姿でgayの男のコが3人て・・。
    性格の悪い守銭奴メガネのキャラが、ギド先生の
    「悪人を泣かせる方法」鷹尾みたい・・。
    どっちも好きだけど。
    ラーメン屋の話とか、花沢の性同一性障害の話や
    サブストーリーが魅力的。
    凪良先生のこういう軽いコメディタッチの話は
    ほんとすき。
    1冊でふたりの高校時代から25歳まで
    じっくり読めて大満足。

  • 入江が……、とにかくおもしろかった。
    「美しい彼」の平良とは完全逆バージョンの俺さま攻めで、入江……いいなぁ。

  • ヤバイ。入江面白すぎるぞ!お前さん!(好きだよこういう人→)入江がアツすぎて笑いながら読んでしまった。けど私が一番すきだな…と思ったのは花沢。スピンオフで花沢編出してほしいな。この本はとりあえず本棚に保存。

  • 攻のキャラがたっていて面白かった。いじめられっ子への復讐計画など、発想が突飛で楽しく関係のないところで感心。焦らされつつも、二人が互いに好意を寄せていく二話までは最高に楽しかった。
    ただ、一番ページをとっていた収束のエピは親友や他キャラもからんでドタバタの要素が強く、8年のもだもだを経てこれでくっつきました!といわれても。期待とはちょっと違った。

  • 凄く可愛らしい話でした。
    精神状態停滞気味なので、重めの話は読みたくないと思い手に取ったのですが、痛い描写もせつない描写もほぼなく、両片想いのすれ違いっぷりが、絶妙なバランスで書かれています。
    ハングリー精神抜群の貧乏攻と、素直な金持ちボンボン受というありがち設定でありながら、それを最高の位置まで活かした話はテンポよく、時折くすっと笑いながら一気読みしました。
    攻の毒舌っぷりと長台詞がおかしくてスカっとして、夫婦漫才のような受とのやり取りに元気を貰えます。
    割れ鍋に綴じ蓋とは、本当にこの2人のような関係だなと思いつつ、お互いを支え合う想いの深さに胸が温かくなりました。

    脇キャラの存在感もたっぷりで、悪い人がひとりも出てこないのが良かったです。
    受の幼馴染みのオネエ花沢と、松田のコンビも最高でした。
    このふたりのフラグもばっちり立っているので、ぜひスピンオフに期待したい……。
    本編CPよりも、こっちの2人の方に萌えました。
    充実した内容で後味も良く、最後まで楽しく読めました。

    惜しいのは挿絵。文章では夜なのに真っ昼間な窓の外や、ラグの上に押し倒してるはずなのに、なぜか直のフローリングだったりと、気が削がれてしまう場面がいくつか……。
    こういうのを見つけてしまうと非常に残念な気持ちになってしまう。

  • 入江の思考が面白い。兄妹のたくましさ!
    なかなか自覚しない恋心にきゅんきゅんしました。

  • 泣ける凪良さんではない方。でも、とても満足。
    主人公、その他友人等皆さんゲイ設定。設定は萌え特化なので軽い印象ですが、すれ違いもキャラ立ちも面白かったので、元気が出るビタミンBLでした。
    DTとSJを貫いた攻め受けに拍手したい(笑)

  • memo: コミコミ特典イラストカード

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

凪良ゆう(なぎら ゆう)
小説「花丸」冬の号『恋するエゴイスト』(白泉社)でデビュー。『雨降りvega』(イラスト:麻々原 絵里依)、『365+1』(イラスト:湖水 きよ)などの作品を手がける。主にボーイズラブ系で活動。
作品多数。主な作品に、『積木の恋』『未完成』『美しい彼』『ショートケーキの苺にはさわらないで』『おやすみなさい、また明日』『2119 9 29』『雨降りvega』など。
『悩ましい彼 美しい彼3』がBLアワード2020 BEST小説部門第1位を獲得。

凪良ゆうの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
凪良 ゆう
有効な右矢印 無効な右矢印

初恋の嵐 (キャラ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×