眠れる森の博士 (キャラ文庫)

  • 徳間書店
3.43
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199008641

作品紹介・あらすじ

一週間前、恋人の康太郎が交通事故で死んだ――。深い喪失感に襲われ、虚ろな毎日を送る白石修士。人嫌いな康太郎は孤高の天才科学者と言われていたが、その研究については何も知らない。思い出を求め、修士は康太郎の残した私設研究
所に。しかし、無人のはずの研究所で出迎えた男を見て、修士は驚愕に息を呑む。「驚かせてごめん。俺死んだんだろ?」なんと変わらぬ笑顔の康太郎だった――!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 死んでしまった恋人(攻め)が、記憶もそのまま引き継いだクローンとして受けの前に現れる。天才科学者だった攻めが、自分が死んでも受けの側にいられるように造った攻め自身のクローンだった。

    実は死んだのがクローンの方だったというオチかな?と思いきや、オリジナルは本当に死んでた(汗)でもクローンとオリジナルの間で葛藤する受けというのは新鮮でした。クローンがオリジナルと同じだからと主張していたのが、恋人同士になると今度はオリジナルと違うから受けに嫌われるかもしれないと不安になるという構成が素晴らしい。
    あと二回目の初体験を同じ人と…っていう視点が面白かった。

  • 恋人が事故死、しかし恋人は万一のために自分自身のクローンを自分の研究の一環として作っていた。という、ところから始まります。
    とても非現実的な設定なのに、その後はとてもリアル。恋心はどうなるか、戸籍が無いままどう暮らしていくか。
    こんな形でもいいから愛する人と、というエゴとロマン。結構好きです。

  • 表紙買い。う〜ん、ごめん。クローンというのが新鮮だったけど、だからといってよみがえりの様な切なさは無いし自分の好みとは違う話だった。

全3件中 1 - 3件を表示

眠れる森の博士 (キャラ文庫)のその他の作品

いおかいつきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
榎田 尤利
凪良 ゆう
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする