くおんの森 2 (リュウコミックス)

著者 :
  • 徳間書店
3.83
  • (34)
  • (38)
  • (35)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 460
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199501609

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コミック

  • 目次ページの書き下ろし見開きイラストが絶品。
    相変わらず羊さんはいい味を出していなさる。

  • あんな風に本に呼ばれてみたいってのはよかった。
    モリがちらちらと意味深な目をするのが気になる。そんな目をするだけってのが。せっかちにはつらい。
    なんとなくストーリーになってきたな~と思ったら続くだし。うを~。

  • 世界観はものすごいしっかりしてるんだけど、なんだか意味がわからなくてついていけない所があってりして(T∇T)。

  • 本に呼ばれる。本を呼ぶ。そんな風に本と出会うには、私は、まだまだだな(^^;;

  • 1巻より更に面白かった。
    丁寧にじっくりと書きこまれた画面、繊細な筆致には見惚れるしかない。

  • 若干絵柄が柔らかくなったろうか。書き慣れた感はあります。主人公・魚住遊紙(たまらなく健全なエロさを湛えた16歳)にも一巻から少しずつ人間としての変化が訪れ微笑ましい限りです。この漫画が存在することに感謝したい。

  • 辞書への書き込み、古書、しおり。物質の本が愛しくなるよ。

  • 一読した書は決して忘れぬ とか
    文字を食べる紙魚 とか
    本を人とを守る者 ここは本の眠る場所― とか
    レトロな町並み、レトロな校舎 とか
    その世界観がとても、かなり、好きです。好き。
    http://feelingbooks.blog56.fc2.com/blog-entry-617.html

  • 本屋さんで新刊を見つけたときの綻んだ顔は
    誰にもみられたくありませんw



    和が溢れてるファンタジー
    異空間図書館で不思議と交渉する少年
    懐かしい昔と今のリンク

    文章をそのまま絵に写したかのように世界が鮮やかです
    文字の美しさを表現できてるなんて、すごい!

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1987年生まれ。2006年秋のアフタヌーン四季賞にて準入選。本誌で連載中の「くおんの森」ほか、「あづさゆみ」(集英社刊)、「水面座高校文化祭」(講談社刊)、「童話迷宮」(新潮社刊)などの作品がある。イラストレーターとしても活躍中。

「2014年 『くおんの森 ⑥』 で使われていた紹介文から引用しています。」

くおんの森 2 (リュウコミックス)のその他の作品

釣巻和の作品

くおんの森 2 (リュウコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする