石黒正数短編集 2 (リュウコミックス)

著者 :
  • 徳間書店
3.58
  • (31)
  • (87)
  • (91)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 774
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199502125

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1
    完結

  • 石黒正数氏の作品『石黒正数短編集 2(2010)』を読んでみた。 ”種”は・・・ なんだか、考えさせられる話でした。

  • 表題になってるポジティブ先生の話がめちゃ短い(笑)

  • 短編集1に同じくみるべきところなし

  • 短編集は、作家の力量が伺えます。

    『ポジティブ先生』をタイトルにしてしまう石黒先生はスゴいと思いました。

  • コミック

  • 2

  • 面白い! 大友克洋っぽい感じだなっていう話があって、あとがきでも担当にそう言われたとかいうのも載っててふーんと思った。

  • タイトルになっている「ポジティブ先生」だが,話は4ページ3話だけという潔さ。久々に掘り出してきて読んだ.所詮人はそんなもの.ヒーローにはそれぞれにそれぞれの戦いがある,でも大方矛盾してる.再び歩鳥現る,この騙しのテクニック(窓の黒塗り)はいいね,全部の窓塗ったのかな? ロボットの上位書き換え,メカ成原成行みたい.この頃のデーモンナイツはちゃんとした基地持ってたんだな,重力料金払ってなかったけど……ていうか有限会社だったのか,ワシらがこんなに困ったことになってるのに正義の味方は助けに来てくれんのじゃろか? どゆこと? デカけりゃ良いってもんじゃあないでしょ!? ……ねぇ.透明人間の憂鬱.

  • 表題作は割と好き。でも数ページ……。
    独特の雰囲気のある短編集だなぁ、と思った。好きな人はとことんはまりそう。ギャグを期待したせいか、拍子抜けしてしまった。

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1977年生まれ、福井県出身。
2000年、『ヒーロー』でアフタヌーン四季賞秋の四季賞を受賞しデビュー。
2005年から『それでも町は廻っている』の連載開始、2010年にテレビアニメ化、2013年に第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。『木曜日のフルット』『外天楼』『ネムルバカ』など、幅広いジャンルを手掛ける。

「2019年 『天国大魔境(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石黒正数の作品

石黒正数短編集 2 (リュウコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする