セラフィム 2億6661万3336の翼(限定版)(リュウコミックス)

著者 :
  • 徳間書店
3.95
  • (11)
  • (17)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 148
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784199502200

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 謎が謎のまま終わってしまい惜しい。
    押井守原作と言われなければ気づかないほどファンタジーだなと思う。
    絵はAKIRA風。やっぱり犬が居る。天使に至る病と戦争。
    押井さんはいつも戦争。

  • さすがの押井節。
    鳥。天使。犬。少女。奇形。メカ。アジア。謎。宗教や神話の衒学。
    今氏の表現もハッと眼を引くところが要所要所にある。

  • 惜しい人を亡くしました。合掌。

  • 押井守が原案、今敏が描いた未完の作品。
    押井が関わってるのでちゃんと犬がおります!
    今さんはこの頃既に平沢を知っていたのか小ネタが散見された。好きだね、ホント。
    私、そんな今敏の茶目っ気だい好きです。

    序盤のセラちゃんが怖かったな。
    寝るときに薄目あけてたりさ。
    そういう絵の雰囲気で何か伝えてくるところスゴイ。
    あとは、みんな何処かにいそうな顔なんだよね、やっぱり。

  • 天使病という奇病は恐ろしく且つ謎めかしい。連載中断のままで終わってしまうにはあまりに惜しい題材。

  • もう絶対に無理だと分かっているからよけいに結末が知りたくなる。未完のマンガ。なんと父親(75)も読んで「面白かった」とのことでした。アキラが好きな人とかはまあ読んでおいたほうがよいと思いますよ。

  • 濃い世界設定、ナウシカを思い出しました。
    もしも続いていたなら、ナウシカのように長編で読みごたえのあるものになったのかな!

  • 2011/2/9購入

  • 恐ろしいほど濃い世界観。
    没頭します、そして未完なのでこれからって時に終わり。
    続きが読みたかった。

  •  監督・今敏のもう一つの顔が漫画家だということを知る者は限られている。
     幸いにも私は中学時代に本作の掲載誌であるアニメージュ読者だったので、リアルタイムで連載されていたこの作品を読めるという幸運に恵まれていた。ただ、あの当時の私にはこの作品は難しすぎたのだ。知識も、経験も、ものの見方もあまりにも子供でその範疇でしか理解できなかったのだ。しかし、この作品が途中で休載となった時非常に残念な気持ちになったのを覚えている。よくわからない難しい漫画だったけど、どういう結末になるのか知りたかったな、と。
     それから約15年。様々なアニメーション作品を発表し、日本を代表するアニメ監督となった今氏の活躍を観るにつけ、『セラフィム』の続きはまだ描かないのかな、と思っていた矢先のまさかの急逝。
     この作品の完成を見届ける事は永遠に叶わなくなった。
     だが、未完ではあるものの『セラフィム』を再度読み返す切っ掛けになったこの本の出版にまずは感謝をしたい。
     コミックスというには重い内容としっかりと描き込まれた作画は連載されていたあの頃から15年経った今読み返しても、いささかも古臭い感じがせず非常に面白い。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

映画監督。1951年生まれ。東京都出身。東京学芸大学教育学部卒。1977年、竜の子プロダクション(現:タツノコプロ)に入社。スタジオぴえろ(現:ぴえろ)を経てフリーに。主な監督作品に『うる星やつら オンリー・ユー』(’83年)、『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(’84年)、『天使のたまご』(’85年)、『機動警察パトレイバーtheMovie』(’89年)、『機動警察パトレイバー2theMovie』(’93年)。『GHOSTINTHESHELL/攻殻機動隊』(’95年)はアメリカ「ビルボード」誌セル・ビデオ部門で売り上げ1位を記録。『イノセンス』(’04年)はカンヌ国際映画祭コンペティション部門に、『スカイ・クロラTheSkyCrawlers』(’08年)はヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に出品された。近作に『THENEXTGENERATIONパトレイバー』シリーズ全7章(’14~’15年)、『THENEXT GENERATIONパトレイバー首都決戦』(’15年)。最新作はカナダとの国際共同作品『ガルム・ウォーズ』(’16年)。

「2018年 『シネマの神は細部に宿る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

押井守の作品

セラフィム 2億6661万3336の翼(限定版)(リュウコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする