解剖医ハンター 2 (リュウコミックス)

  • 徳間書店
3.64
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199502255

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • バスカヴィル家の犬、啓蒙思想、英仏戦争、フランス革命などを織り交ぜた伝奇ロマン。

  • 2巻読了。伝記モノという感じからフィクションとして楽しめる流れになってきた気がする。もうすぐ3巻が出るということですが、このまま連載も続いていくのかな?
    芸術にしても産業革命以降の近代〜現代の思想にどうしても目が行ってしまうのだが、この作品では、その近代思想の萌芽のようなものを扱っているのが面白い。

  • ほどほどに少し暗い感じで描かれる、実在の科学者を登場させる科学(偽)史とでもいいましょうか。まだ近代的な科学としての医学が成立していない…でも下地は出来続けている感じが描かれていて、オカルトと科学が混在している世相の描かれ方がすき。

  • 今居る狼犬はあんなに大きくないですよね?
    最後がなぁ……もうちょっと救いが欲しかったな……可哀想すぎる(´;ω;`)

  • 2011/01/13
    ⇒中古待ち
    ⇒まんだらけ 210円

    個人的な意見としては、一巻ほどの面白さは無かったかな。残念。

全5件中 1 - 5件を表示

吉川良太郎の作品

ツイートする