モンスター娘のいる日常 2 (リュウコミックス)

著者 :
  • 徳間書店
3.78
  • (14)
  • (23)
  • (19)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 279
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199503245

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 雑誌"月刊COMICリュウ"で連載されているオカヤドの"モンスター娘のいる日常"の第2巻です。2015年7月からTVアニメ放送中。1巻でラミアのミーア、ハーピーのパピ、ケンタウロスのセントレア・シアヌスの3人が登場し、ペース早いなぁと思ったのですが、2巻ではスライムのスー、人魚のメロウヌ・ローレライが追加。これでヒロイン5人です。最近のハーレムものなら、あと数人追加されますね。もう少し落ち着いて、それぞれの女の子とのイチャイチャが見たいと思ったり。しかし、普通のハーレムものよりも数段上にいるとは思います。

  •  まごうことなき変態である。この場合は誉め言葉ではあるのだけど。
     二巻では密入国(と思しき)スライム娘が現れ、最後に顔見せ程度に人魚も現れるというハーレム拡大路線が繰り広げられている。
     先の巻で「本番禁止→結婚しろ」という環境変化があったはずなのだけど、その点については軽めに触れられる程度である。
     ハーレムの拡大といい、結婚という条件はそれほど重視されていないのかもしれない。

     モンスター娘によるエロを扱った作品としては、充実の内容だっただろう。星四つと評価したい。

  • ・満月の夜は・・・
    ・メロウヌ・ローレライともうします

    スライム娘の登場。しかし惜しいかな!
    喋れない設定だ!!むしろお嬢様新キャラの方が気にな・・・

    あとラミアの脱皮ネタ。本妻である。

  • 話自体はちょいエロのドタバタラブコメ(ただしヒロインはモン娘)キャラが増えすぎて散漫になりはしないかちょっと心配。

  • まさかのスライム登場。

    1巻よりえっちぃ感じがしますが、まだ大丈夫!ww
    今のところ私の一押しはミーアです(〃 ̄ω ̄〃ゞ
    爬虫類好きにはたまらないwww

  • モンスター娘とイチャイチャする漫画。2巻ではさらにスライム娘登場、次巻に続くが人魚まで。いちいち健康的なエロっぽさがいいよね。

  •  オススメされてたので購入。オーソドックスにエロラブコメディをしつつ、亜人娘たちの特徴生かしたネタが随所にあり楽しめました。

     ヒロイン達のエロ可愛さ。古くからあるモンスター娘萌え、今でもけっこうエロゲー界隈だとちらほら見かけます。最近の商業雑誌でいえば別マガの「スライムさんと勇者研究部」でしょうか。この作品はエロ特化プラスハーレム要素なのが最強ですね。ミーアの正統ヒロイン、パピの妹元気娘、セレアの乳袋とラブコメするには盤石のキャラ配置、それに加えてこれからどんどんモン娘たちが供給されてくるとおもうとたまらないっすね。

     ある意味でやりすぎないようバランス取りながらやってるのが良いです。セックスまでやっちゃうと完全エロマンガですがミーアの脱皮の手伝いやセレアのケツブラシとかそういう種族の特性を活かしたシチュがこれからもっと増えていってくれるとありがたいです。

     個人的にパピ一択ですが、この先増えてくる娘にウキウキワクワクです。ぎりぎり残っていたウェブマンガのほうにいた娘たちがきてくれると嬉しいです。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

2011年「けもも」2号に発表した『モンスター娘のいる日常』をキッカケに本格的に商業誌進出。「COMICリュウ」2012年5月号より『モンスター娘のいる日常』連載開始。同年9月にコミックス1巻が発売されると、発売当日朝に重版が決定するほどの大反響を呼ぶ。現在も同誌にて大人気連載中。2015年7月よりTVアニメが放送され、こちらも大反響。また国内のみならず海外でも【北米売上ランキング1位】に輝くなど世界規模の人気を誇る。【SUGOIJAPANAward2016】マンガ部門5位。【BOOK☆WALKER大賞】メディアミックス賞。他のコミックスに『12BEAST』(KADOKAWA)がある。

「2018年 『モンスター娘のいる日常 ⑭』 で使われていた紹介文から引用しています。」

モンスター娘のいる日常 2 (リュウコミックス)のその他の作品

オカヤドの作品

モンスター娘のいる日常 2 (リュウコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする