モンスター娘のいる日常 8 (リュウコミックス)

著者 :
  • 徳間書店
4.00
  • (5)
  • (12)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 128
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (151ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199504655

作品紹介・あらすじ

ラミア、ハーピー、ケンタウロス、スライム、マーメイド、アラクネ、モノアイ、リビングデッド、オーガ、ドッペルゲンガー、そしてデュラハン……。可愛いモンスター娘たちと同居中の人間の主人公。DTとは思えないモテモテハーレム状態だけど、モン娘とのエッチは法律で厳しく禁止されていて――!? 8巻ではモン娘たちが温泉へ。雪女、九尾、ミノタウロス、パーン、リザード、ゲストキャラ続々登場。2015年7月TVアニメ放送開始予定!!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 搾乳機絞り 1500円、直接搾乳(片乳)3000円、直接搾乳(両乳)5000円、直接搾乳(味見付き)8000円、直飲み 15000円、ミルクヌルヌル Priceless。この巻はこれまでと違って人間社会で受け入れられているキャラがメイン。なお「モンスター娘とのエッチは法律で厳しく禁じられていて」うん、だありん逮捕ですね。

  •  今回は丸々、温泉地への旅行が描かれている。これまでは出てくるキャラがおおむねハーレム要因だったのに対し、今回は他のホストファミリーを持ったキャラだった(≒他に好いている人がいる)のが特徴だろうか。
     その意味で、他の男に心を寄せているキャラへのエロネタは若干人を選ぶかもしれない。それが良いという人もいるだろうが、ハーレムネタが好きな人は概して独占欲が強いものである。
     とはいえ、物語としては適切な選択だろう。既存のキャラを深めるのもかなり手一杯な状況で(特にMONやララなどはさらなる描写が望まれる)、レギュラーキャラを増産するのは問題があり過ぎる。

     内容的にはさっぱりまとまりつつ、エロも豊富に描いている。星四つ相当だろうと判断した。

  • 毒蝮三太夫ってwいいのかそんなネタ使ってw
    ウルトラ警備隊を思い出す。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

2011年「けもも」2号に発表した『モンスター娘のいる日常』をキッカケに本格的に商業誌進出。「COMICリュウ」2012年5月号より『モンスター娘のいる日常』連載開始。同年9月にコミックス1巻が発売されると、発売当日朝に重版が決定するほどの大反響を呼ぶ。現在も同誌にて大人気連載中。2015年7月よりTVアニメが放送され、こちらも大反響。また国内のみならず海外でも【北米売上ランキング1位】に輝くなど世界規模の人気を誇る。【SUGOIJAPANAward2016】マンガ部門5位。【BOOK☆WALKER大賞】メディアミックス賞。他のコミックスに『12BEAST』(KADOKAWA)がある。

モンスター娘のいる日常 8 (リュウコミックス)のその他の作品

オカヤドの作品

ツイートする