カルバニア物語1 (Charaコミックス)

著者 :
  • 徳間書店
3.98
  • (61)
  • (42)
  • (65)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 365
感想 : 39
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784199600029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • よそもの(エトランジェ)と生きるーイランの台所小説から………鵜戸 聡(図書 2021年5月号)
    https://www.iwanami.co.jp/smp/book/b581875.html

    カルバニア物語① - 徳間書店
    https://www.tokuma.jp/smp/book/b503754.html

    ※現在19巻刊行済、夏頃20巻が出るらしい。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「キリスト教徒であるアルメニア系イラン人の女性作家ゾヤ・ピールザードの短篇を集めた『復活祭前日』が、このたび大同生命国際文化基金の「アジアの...
      「キリスト教徒であるアルメニア系イラン人の女性作家ゾヤ・ピールザードの短篇を集めた『復活祭前日』が、このたび大同生命国際文化基金の「アジアの現代文芸」シリーズの一冊として邦訳されたのである。」

      翻訳出版|事業紹介 | 公益財団法人大同生命国際文化基金
      http://www.daido-life-fd.or.jp/business/publication/
      2021/05/07
  • 大好きなシリーズです
    ほのぼの王室コメディー
    ……と思いきや、結構シビアな話も中にはあります。
    これは一巻ですので、まだまだ年若いタニアがカルバニア国初の女王となり、隣国に留学していた乳兄弟のエキュー(ドレスが苦手で男装している。ガサツな麗人)が帰国したところから話が始まります。回を重ねるにつれて一風変わった登場人物が増えていくので、ぜひ続きも読んでいただきたいです

  • カルバニア王国で暮らす人々のかろやかなマンガ。

    どうしようもなくやるせない現実もありつつの、それを個々飲み込んで処理し軽やかに生きてるキャラクターがみんなかわいい。
    誰も悪くないのに苦しんでたり、ちょっとした考え方の違いだったり。どれも少しだけ救いがあってなかなかいい感じに進みそうだなって思えるのがステキ。

    なんだかんだ言って王冠を返すつもりなんてさらさらないタニアに大変ときめきます。かっこいいな、女王様。

  • ***未処理***

  • 実は最新刊で1回レビュー書いてるんですが、昨日のレビューから女帝繋がりでもう一度。
    こちらも父親の死によって帝位につかざるをえなかった女王タニア。
    パレスメイヂの彰子さんと共通するのは、帝位とか人の上に立つのに大事なのは、男女の性別ではなく、誠実さと、人を大事に思う気持ちと、そこに惹きつけられて、支えていく周囲の人に恵まれるか、ってことなのかと思わされることです。
    とにかくこのマンガは泣き笑いしながら読めちゃいますが、サラッと、とても深いことも問いかけてきます。まだ読んでない方は男女問わずぜひ一読を!
    【効能】泣けて笑えて考えさせられます。
    【副作用】恋人たちのゴンドラに乗ってみたくなります。

  • 【KU】タイトルは知ってたけど未読だったコミック。1話、あるいは上下の2話単位で読める噺なのね。エキューはどんな殿方を婿に迎えるのかな?

  • 14/12/6 第3巻まで読了。女の子であるがゆえのジレンマ、男の子であるがゆえのジレンマ。なんかすごく分かるな~って思いました。最後のあとがきマンガ見て、あ、この作家さん知ってる!と気づきました。どこぞの猫マンガで読んだことあるはず。。。

  • こちらが第1巻。カルバニア王国の女王タニアと女公爵エキューが、いろいろな問題に立ち向かうという西洋風のファンタジー。エキューの性格も特技も服装も男勝りで、タカラヅカ的な要素を含んでいることから、ニッチな需要をガッチリ掴んでいる。20年間、のんびり描いていても読者に忘れられない秘訣は、この辺にあるのだと思う。キャラコミックスで15巻まで発売中。

  • 第1〜8話+短編「プリンセストーキング」収録。若くして女王になった「タニア・カルバニア」と、究極の貧乳である男装の麗人・公爵家の一人娘「エキュー・タンタロット」のドタバタコメディ。
    『チキタ☆GUGU』でファンになったのでこちらも購入。二人とも好きですが、特にエキューが良い。あのサッパリとした性格が素敵(。・ω・。)3話の、エキューに踊らされたダグラスが可哀相(笑)野望を抱いた翌日にアッサリと粉々に砕かれ、さらにドレス姿で出かける羽目に…しかも似合ってるし(笑)7〜8話の親子問題も解決して良かった♪
    (各話タイトル)
    1話「カルバニアン・クイーン」 2話「フランシーヌの場合」 3話「カエル色のダグラス」 4話「女王陛下のやんごとなきストレス」 5話「永遠のエヴァ」 6話「バスクの野望」 7・8話「バスクの息子達」前後篇

  • このほわほわーっとファンタジーしてる雰囲気が好き。小さいときに絵本で読んだ「どっかとおい国のおはなし」っていうあのイメージそのまんまで、それ以上難しいことなど考えなくて良いのです。うーん、ありがたい。

    権力者の娘が男に混じって男勝りに育って、年頃になっても女らしい趣味なんか持たずに男装なんかして男にも女にもモテちゃって更にはお姫様と仲良しっていうのは皆がだいすきな少女漫画の設定ですね。DNAに刻まれてるからね、しょうがない、そりゃすきになるわ・・・。

    王族や貴族の娘や城で働くさまざまなひとたち、またはカルバニア内外に住む平民のお話まで・・・色んな人物たちが主役になって登場するから回を増すごとにどんどんすきな登場人物が増えていくのが楽しい。彼らが時々画面の端っこにでも再登場ととても嬉しくなってしまう。

    使われる言葉も可愛いんだよなあ。「めろめろ」とか「ざぶざぶ」とか男装のキレーなお姉さんが使ってるの、すきになっちゃうよね。

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

イラストレーター。優しくファンタジックな作風で国内外を問わず多くの支持を集めている。数多く描いてきたモチーフは、少女、動物、森など。童話のような世界観を得意としている。

「2020年 『Half moon tono作品集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

TONOの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
海野 つなみ
有効な右矢印 無効な右矢印

カルバニア物語1 (Charaコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×