絶対運命方程式 (キャラコミックス)

著者 :
  • 徳間書店
3.02
  • (1)
  • (5)
  • (31)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 84
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199602634

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 表紙はスーツが2人だけど中身は28歳×16歳。受の珠樹があまりに子供っぽいので話にハマれず。事のきっかけである3年前のエピから、子供の頃ずっと自分を可愛がってくれた智之に対する珠樹の恋情は理解できるけど、いい大人である智之が子供の珠樹に…というのはすんなり理解できない。その部分の智之の心情を描いて共感させて欲しかった。珠樹のトラウマになってる事件の描写も物足りない。珠樹の家はヤクザで父が組長だけど、ヤクザならではという印象が薄いのもちょっと残念。ラスト間際で珠樹が成長していたのは微笑ましかった

  • これ買っちゃたら兄ちゃんの話も買っちゃうわ。そりゃぁ

  • 結局買っちゃった、弟の話。ああ、なるほど。コレじゃあ腐女子は普通(?)、主人公カップルなんかより炎が気になるよね・・・。納得した。

  • <br>●感想●</br>
    所々、雑誌掲載時に読んでいました。改めて読み返すと結構忘れてたりして・・・。
    ヤクザの三男16歳高校生・受・珠樹(タマ)×カメラマンで幼なじみ・攻・智之。
    一途で前向きな受は好みなので、タマに感情移入しやすかったです。智之もすごくタマのこと好きなのがわかるのに、何故素直にならないのか。相思相愛なんだけど何でうまくいかないのかしら・・・と思ってたら周りが邪魔をしてたのね。過去のトラウマも絡んでうまくいきそうだった学校生活も智之の関係もこじれがち。でも、前向きに何とかしようとするタマが可愛い。初めから離れずにいればトラウマも昔に直ったのかもしれませんが、タマは精神的にこんなに成長しなかったのでしょうね。書き下ろしでタマが大学生になってたけど・・・16のままが良かったヨ〜。
    兄・炎の話の連載もまだ続いてるのかな?最初はこんなに意地悪だったのね・・・。

    <br>●あらすじ●</br>
    高校1年生の珠樹(たまき)は、ボディーガードを従えた極道(ヤクザ)のお坊ちゃま。その忘れられない初恋の人が突然、海外から帰国した!! ひと廻りも年上の幼なじみで、新進気鋭のカメラマン・秦智之(はたともゆき)
    3年ぶりの再会に、喜んで智之の元を訪れた珠樹。ところが智之はなぜか珠樹にそっけなくて…!?
    年の差カップルのドラマティックLOVE

全4件中 1 - 4件を表示

不破慎理の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×