凛! 3 (キャラコミックス)

著者 :
  • 徳間書店
3.54
  • (25)
  • (34)
  • (87)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 270
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199602672

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最終巻。桂、覚醒w草や香一が桂に惚れるのもわかる。自信を身に付けた桂は強くてかっこいい^^

  • 原作神奈木智

    攻め:柴田草
    受け:小早川桂


    合宿の最終日の紅白戦で草の抱擁無しに皆中を出した桂。敵対視されていた1年の松苗からも信頼を貰う。
    そしてとうとう、桂は草に抱かれる。

    番外編では、桂が海外から戻った高遠瑛から言い寄られ、桜沢からはまた告白される。


    3巻通して、一番成長したのは桂でした。そして一番強い。もう揺るぎない。

    桜沢も高遠も桂を諦めないらしいので是非その後の5人を読みたい。

    番外編では、何気にHシーンも(笑)でも穂波先生ってきっとそういうシーンをガンガンに描く先生ではないのですよね。それでも充分堪能致しました。

  • 1巻まで
    攻が好みな感じだったから買った。それだけ。

  • 続きもの、最終巻。
    受けは、自分の弱点を克服できるのか。

  • 穂波先生のかかれる絵がとても好きで、ここまで買ってしまいました。おわっちゃったんだ…というのが早いところの感想。桂、おっきくなったなあ。

  • 幼馴染もの。桂は極度のあがり症で、ここ一番というときには兄の親友であり幼馴染でもある草にぎゅっとしてもらわないと落ち着かない。草に彼女ができたりしたらこのままじゃいけないと思い、草離れをしようとするのだけど・・・。しかし、迷惑そうな素振りを見せながら、ぎゅっとしなければならない体にしたのは草だったのです!こういう、実は独占欲が強いタイプの攻が好みですねー。穂波さんの弓を射る絵がすんごい素敵です。

  • -

  • 1〜3

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1994年『透き通った空の破片』でデビュー。BL作家。代表作『守護者がめざめる逢魔が時』(キャラ文庫)では、難しいとされるBL×ホラーに挑戦し、新たなジャンルを開拓した。

「2017年 『ちび神さまの初恋むすび 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

神奈木智の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
紺野 けい子
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×