北斗の拳【究極版】 11 (ゼノンコミックスDX)

著者 :
  • 徳間書店
3.73
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199802065

作品紹介・あらすじ

武論尊×原哲夫による完全新作エピソードを収録!
ラオウとの死闘の後、ケンシロウはいかにしてユリアの死を乗り越えたのか?
そして、黒王号の左目を覆う血染めの包帯の理由とは――?
四半世紀の時を越え「北斗の拳」最後のピースがここに埋まる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 30年振りの新作が収録された究極版11巻。
    顔や体型がおかしいけど、ストレートな新作が読めるのは嬉しい限りです。
    黒王号やケンシロウが、戦闘時に巨大化するのはどういう意図なんだろう……覇気かオーラかでそのように見えてるってことか?

  • レンタル,Special Episode「我が背に乗る者」は北斗の拳30周年を記念し、2014年4月に描き下ろされた新エピ収録>新エピ目当て。雲のジュウザの息子、ショウザが登場。悪;ダルジャのキャラおもろwwCQCQ。年月が過ぎると恐ろしい…原先生の画が恐ろしい程進化してしまってる為、登場人物が全て別物に見えてしまうという不思議な感覚。特にリンww細過ぎて不健康。やっぱり当時読んでた、いつものタッチ画の方が落ち着くwwハルク・ホーガン似のバスク♪♪アインに元斗皇拳のファルコ登場。とても懐かしい♪

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

■原哲夫・・・・・・ 1961年東京都生まれ。1983年より連載された『北斗の拳』が、社会現象を巻き起こす大ヒット。その後も『花の慶次~雲のかなたに~』『蒼天の拳』などヒット作を次々と世に出し、現在月刊コミックゼノンにて『いくさの子ー織田三郎信長伝ー』を連載中。

「2019年 『前田慶次 かぶき旅 ①』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原哲夫の作品

ツイートする