西荻窪ランスルー 2 (ゼノンコミックス)

著者 : ゆき林檎
  • 徳間書店 (2016年12月20日発売)
3.59
  • (2)
  • (7)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :74
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199803840

作品紹介

江田島咲、18歳。
アニメ会社に入社して3か月。
東京に来て初めての夏を迎えた頃、転機を迎える。
新たな才能、百々瀬知との出会い。
そして大切な仲間との別れ――――。

一生懸命に「今」を生きる、
真っ直ぐで不器用な大人たちの青春群像劇!

西荻窪ランスルー 2 (ゼノンコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1巻で仕事も恋も、と書かれていたけど「え、どこに!?」と思っていたら、2巻の新キャラ百々瀬がやってきた。
    潔癖症で自分の才能に惚れ惚れしてる感じ。最初は恋愛のれの字もなかったし、今までは自宅で仕事をしていたが三津さんに言われて会社で仕事をすることに。食べかすをつけたまま出勤してくふ女や、デスクで寝こける男のよだれ、冷蔵庫を開ければ賞味期限切ればかりの食材だらけ。全然集中が出来ない。しかも任された所は苦手な恋愛部分。行き詰りながらも一皮向けた彼の今後が気になる。

    そして敬子ちゃんのお話。
    彼氏が良い人で理解がある人だけど、この業界で頑張ろうという人間にとってグサリとくる言葉も持っている。
    でもそんな彼は彼女が心配でしょうがないのだろう。
    決断を下す敬子ちゃんと、松本さんのやりとりが泣けます。

  • いきなり表紙を飾るとは!百々瀬、恐ろしい子!!そんなわけで百々瀬くん、ぼっちから仲間と一緒にお仕事することになりましたが、咲ちゃんと恋愛関係になる!?敬子ちゃんは漫画家デビュー。やはり仕事の掛け持ちは体ボロボロになるかも(主に腱鞘炎)しれないし、賢い決断だったと思うよ。そして、松本さん、きっと漫画家かんに愛されてると思うの。会社の面々も慕ってると思うよ(笑)

全2件中 1 - 2件を表示

西荻窪ランスルー 2 (ゼノンコミックス)のその他の作品

西荻窪ランスルー 2巻 Kindle版 西荻窪ランスルー 2巻 ゆき林檎

ゆき林檎の作品

西荻窪ランスルー 2 (ゼノンコミックス)はこんなマンガです

西荻窪ランスルー 2 (ゼノンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする