アルテ 8 (ゼノンコミックス)

著者 :
  • 徳間書店
4.03
  • (8)
  • (19)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 171
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199804731

作品紹介・あらすじ

水の都ヴェネツィアを旅立ち、
フィレンツェへと帰ってきたアルテ。
今まで通りの生活を取り戻す中、
アルテの描いた肖像画が評判となり、
次々と仕事が舞い込むことに……。
画家にとっての幸せは名誉や名声に比例するのか?
葛藤するアルテの決断は――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アルテ、フィレンツェにおかえりー!最後に出てきた女性はボルジア家のお嬢さんかな?コンチェッタが良縁に恵まれますように。そしてアルテが自分の望む道を進んでいけますように。

  • こちらも相変わらずいいお話し. 自分は自分というのが、あんまり説教臭くなく、前向きに書かれていて読んでいて応援したくなる.

  • アルテは自分の進むべき道を掴んだようだ.

  • 「私の 宝物よ」
    ついにヴェネツィア編は完結!
    フィレンツェに戻って来て少しアルテを取り巻く環境が変わった様子。まだレオとの別れは来ないようで良かった。

  • 更に「良い女」になったなぁ、アルテ。

    可愛いとか美人とかそういう事ではなく(いや、十分に可愛いですけどね?)、人間としてより魅力的になりました。
    がむしゃらに生きる道を探していた頃もエネルギッシュで良かったですが、今自分の在り方を見出し、そして「どうなりたいか」を考え始めた彼女は「大人」になりつつある可能性に満ちて、どこか不安、でもそれ以上に期待させるものがあります。

    特にコンチェッタとのエピソードは素晴らしい。アルテらしい選択に惚れ惚れします。
    依頼人にとっての最善を求めるのはもちろん、言葉や理屈じゃなく自分の実力で結果を勝ち取る姿勢が実にカッコイイ。

    そして彼女が「働く事」について考える姿。
    読者である自分が目を逸らしていたものを見ているようです。
    更にレオさんの生き方を重ねる事で、理想だけの薄さではなく厚みのある考えに繋がってるように思えました。

    …そう。アルテが輝けば輝くほどに、レオさんが寂しげになっていくのが切ないんですよねぇ。
    彼は彼なりにアルテの幸せを考えていて、だからこそ今の自分では…なんて考えに至ってそうで。
    それが間違いではないんだろうけれど…これだからツンデレはめんどくさいな!w

    ともあれ…なんか穏やかじゃない名前でてきましたねぇ。9巻どうなるのよ?


    ちなみに、基本的にショート派の私ですが、アルテは髪伸ばした方が良いと思います>結局外見か

  • yahooがポイントくれたからついヤフーブックスで買っちゃったけど、プラットフォーム別だと不便だ。
    電子書籍フォーマットの統一を!!

    ということでアルテ8巻。
    家庭教師として、しばらくお姉さんしていたアルテが、フィレンツェに帰ってきて等身大の自分に戻った、というか弟子のアルテに戻った。具体的には可愛くなった。
    で、パトロンを得て画家として成功する道に疑問が出てきた8巻でした。

  • ヴェネツィア編おわり
    絢爛豪華なヴェネツィアも良かったけどフィレンツェの庶民のライフスタイルも楽しそうで良い
    やはりアルテ自身がとても魅力的で、とても良い主人公だなあと毎回のように思う

  • コミック

  •  ルネサンス期のイタリアで画家を目指す少女の物語。
     エマが好きな人なら好きだろうということだが、確かに。
     ただ、ちょっと違うような気もする。アルテの合理性は記号的な女性的よりはありそうな男性的である。そこが面白い。物語がどんな風に進むのか楽しみ。

  • フィレンツェに帰るところから。

    割とあっさりベネツィアから帰ってきたなぁ。
    カタリーナとは手紙のやり取りが続くみたいだから、そんなに大仰に別れって感じにしなかったのかな。
    また出てきて欲しいな、カタリーナ。
    ボリューミーな髪の毛が素敵。

    戻って来てからはアルテがモヤモヤしてたけど、自分のやりたい方向が見出せてよかった!

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

■大久保圭・・・・・・2011年に鳴海圭名義で「ハンマーハンマー」(フェローズ18号)でデビュー。2012年からは大久保圭にペンネームを変更。2013年から初連載となる「アルテ」を開始している。

「2018年 『アルテ ⑨』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アルテ 8 (ゼノンコミックス)のその他の作品

アルテ 8巻 Kindle版 アルテ 8巻 大久保圭

大久保圭の作品

アルテ 8 (ゼノンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする