今日からCITY HUNTER 1 (ゼノンコミックス)

  • 徳間書店
3.59
  • (3)
  • (4)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 112
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784199804885

作品紹介・あらすじ

青山香、40歳、独身。ある日電車に轢かれて死んだと思ったら、高校生の姿になって大好きな「シティーハンター」の世界に迷い込んでしまう。
まわりに頼れる人は誰もおらず、困り果てた香が向かった先は新宿の伝言板…。
すがる思いで書き込んだ文字は「XYZ」。
シティーハンターの世界で、リョウや香との新しい人生が始まる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 40歳独身女が大好きなシティーハンターの世界に転移してしまった。不安を感じつつも大好きなキャラを目の前にして興奮が治まらない。話の展開を知っているから違う展開に焦ったり、周囲から怪しまれたりする。

  • アラフォー女子が大好きなシティーハンターの世界に転生してしまったら!
    作者の愛が絵柄やヒロインを通して伝わってくるね。自分も同じ目線でワクワクしながら読めた♪ もし自分が大好きな世界に行ったとしたらぼくもこう思うとか、そういう共感がたくさんあって楽しい。

    「この世界にはもうあたしの家族や友達はいないんだ…あたしとこの世界のつながりは 香さんとリョウさんたちだけ…!」
    元の世界に戻れるかもわからない、頼れる人もいない中で、自分が大好きなシティーハンターのキャラたちだけが助けてくれる。その不安感もしっかり描くことで、世界への没入感も増していると思う。

    沙織がいることですでに歴史が変わり始めていて、ここからどう展開していくのか気になる。

  • 人と会う前にお金を崩したかったので購入。
    ある日電車に轢かれて死んだ…と思ったら、シティーハンターの世界に転生していたアラフォー独身女子。
    漫画の世界に入り込むってあり得ないんだけど、西園寺沙織(本名青山香)が羨ましい。
    私もシティーハンターの世界に入り込んで、獠&香と一緒に暮らしてみたいわ。
    今後、どう展開していくのか楽しみ。

  • 違和感ばかりに気をとられ…。本家もだけど香とのラブを(作者が)あからさまに意識しだしてからちょっとつまんなくゲフなっちゃったんだよな…

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

北条司: 代表作「キャッツ・アイ」「シティーハンター」「ファミリー・コンポ」など。30年に渡る漫画家生活の集大成「エンジェル・ハート」、「エンジェル・ハート2ndシーズン」(月刊コミックゼノン)は累計2,400万部を突破。

「2021年 『今日からCITY HUNTER』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北条司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×