ワカコ酒 11 (ゼノンコミックス)

著者 :
  • 徳間書店
3.71
  • (11)
  • (11)
  • (16)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 218
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199805134

作品紹介・あらすじ

軟骨、山芋、ローストビーフ。
センマイ、ザンギにカプレーゼ。
春を味わい、夏を愉しむ、元気が出てくる酒肴を共に。
今宵も満足、幸せ酒場満載☆

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • AA2

  • たこやか、に笑ってしまった。可愛い。 魚介とバターの組み合わせは攻撃的なのわかる…!美味しいに決まっているあの香り…。

  • 最近は、惰性で購入している感もあるが、11巻。カラオケBOXも登場してきた。男子一人でも行く人は行くだろうが、一人カラオケはしたことがない。
    一通りの飲食ができるのが、最近は当たり前のようだ。

  • 鮭ザンギうまそう

  • まったり、のんびり、ゆったりと進んで、一つ目の大台に達した『ワカコ酒』
    これからも、ペースは変えずに、二つ目の大台を目指してほしい、そう、ファンとしちゃ思う
    そうか、ついに、この『ワカコ酒』も200万部に到達か
    早いのか、順当なのか、遅いのか、そこはよく解からんけど、新久先生は、この手の数字にテンションこそ高くなっても、プレッシャーは覚えないタイプの漫画家のように感じる、作品的に
    実際、こんだけ良い漫画なんだから、200万部を突破してもらわなきゃ、ファンとしちゃ悲しいよ
    改めて感じたが、お酒と料理の楽しみ方が最大の魅力だ
    新久先生の心をヘシ折るつもりはないが、絵はさほど上手くない
    けれど、そのゆるっとした雰囲気の絵柄だからこそ、組み合わせの良い酒と料理を口にした時の、ワカコさんのリアクションが、ほんと、ファンの心を揺さぶってくるのだ
    夜中に読むとヤバい食漫画は多いが、健康上の理由で、お酒の量を制限している人にとっちゃ、こんな誘惑をされたら抗うのが大変だろうな
    あと、地味に驚いたのが、ワカコさんが、まだ、26歳ってこと
    老けて見えるって訳じゃないが、ここまでお酒を楽しめる女性なので、30近い、と勝手に勘違いしていた
    私がカエルってのを差っ引いても、ワカコさんの方が、よほど、カッコいい大人だな、と思った。たぶん、これは嫉妬っつーよりは、羨望の念に近い
    ワカコさんの呑み方に大人っぽさを感じるのは、やはり、新久先生が自分の足で店に出向き、舌で酒と肴の味を確かめ、心に感じたモノを飾らずに描いているから
    転んでもただじゃ起きない漫画家の作品が、何か違うってのは、漫画読みにとっちゃ常識である
    呑めないなりに、どの回も美味しそう、と感じたが、私的に最も、食欲が刺激されたのは、273夜「昆布締め 三点盛」だ
    ほんと、私の勝手なイメージに過ぎないのだが、昆布締めの美味しさが感じられるようになるってのは、大人としての階段を一段、上っているような気がする。そういう意味では、254夜の山菜の天ぷら、257夜の鯛の骨蒸しも同じか
    カンパチの昆布締めは一度、食べた事があるけど、キスとハモは未食なので、いつか、食べてみたいもんだ
    この台詞を引用に選んだのは、ワカコさん、やっぱり、私よりオトナだ、と感じたので
    料理に限らず、何事も下準備は大事。その下地の質で、完成品の良し悪しが決まると言っても、過言じゃないはずだ
    職人の下拵えが素晴らしい、それを感じられる大人に、私もなりたいもんだ

  • 一人でチーズフォンデュって、いいね。一人で飲みに行くのもいいんだけど、出費を考えてしまうのよね。

  • 軟骨、山芋、ローストビーフ。センマイ、ザンギにカプレーゼ。春を味わい、夏を愉しむ、元気が出てくる酒肴を共に。今宵も満足、幸せ酒場満載☆(Amazon紹介より)

  • さっぱり穏やかな雰囲気が心地よい
    大人のお酒マンガ、早くも11巻。
    今回は立ち飲み率が高めな感じです。
    最近、おしゃれな立ち飲み屋さんも増えましたね。
    また行ってみたくなりました。
    あちこちに見られる擬音語・擬態語のセンスも
    楽しいですが、今巻のヒットは「たこやか」でしたw。

  •  相変わらずおいしそうですね~。
     ワイン飲みながらの料理教室とか、絶対通っちゃう。

  • 今回は未知の酒と肴が多かった(^^;)でもワカコの「ぷしゅーっ」を見ると、どれも美味しいんだろうな~(゜ρ゜)「たこやか」っていう言葉が気に入ったので、どこかで使ってみたい(^^)♪

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

新久千映: 「ワカコ酒」で大人気の呑兵衛漫画家。広島在住。 他の著作に「yeah! おひとりさま」など。

「2020年 『大衆酒場ワカオ ワカコ酒別店』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新久千映の作品

ワカコ酒 11 (ゼノンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする