アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 1 (ゼノンコミックス)

  • 徳間書店
4.32
  • (9)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 92
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784199805325

作品紹介・あらすじ

総合病院の薬剤師として働く、葵みどり・26歳。医師のように頼られず、看護師のように親しまれなくても、今日も彼女は患者の「当たり前の毎日」を守るため、院内を駆け回る!!称賛されなくてもあなたを支える医療ドラマ!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 書店で働くコに薦められて。
    これは面白いわ。
    元々お仕事マンガ好きなこともあるけど、異分野の知識を学べることや業界の裏側を知れて単純に面白いし、知的欲求満たされる感ある。しかも絵もきれい。
    各キャラも魅力的だし、とにかくすぐにドラマ化しそう。

    あとがきで「この漫画がヒットして将来薬剤師になりたいっていう中高生が増えたらいいなあ…と言ったら『うちは読者層がもうちょっと歳上かもで…』と編集さんに言われてしまいました」ってあったけど、全然あると思う!
    この漫画読んで薬剤師に興味持つ人増えそう。

    もちろんエンタメ作品なので実際とはかけ離れてる箇所もあるだろうけど、良い作品だった。
    薬剤師の友人に読ませて感想聞きたいなー。
    年末持って帰ろう。

    • 天パ太郎さん
      これは気になりました。
      これは気になりました。
      2018/12/09
    • おかめ麦酒さん
      良かったですよ〜!おすすめです。
      良かったですよ〜!おすすめです。
      2018/12/09
  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:726.1||A
    資料ID:95190070

    病院薬剤師の活躍について、マンガでイメージすることができます。薬剤師を目指す薬学生の皆さん、看護師を目指す皆さんにも薬剤師の仕事を是非知ってほしいです。
    (統合薬学分野研究室 岩崎綾乃先生推薦)

  • 病院薬剤師が主役。

  • なかなか知ることのできない病院薬剤師さんの話。お仕事モノは面白い。
    こういった元気で正義感の強いヒロインは鬱陶しくなりがちだが、ほどよく抑えてあって好感が持てた。連続ドラマにしやすそう。

    まだ一巻だからこれからだけど、周りの同僚のキャラがもっと立ってくると感情移入しやすいかな。
    この作者の作品は、『おもいでだま』がすごく良かったので、続きも買う予定。

  • 病院勤務の薬剤師の話。宣伝記事に乗っていた表紙の見事な薬棚に惹かれて。誰かが失敗する→主人公(か周りの人)の閃きで助かるの流れが多かったので単調に思えたが、時間が無くて一人にかけられる時間が足りない、出した薬を勝手に減らす患者がいて困るなど、恐らく生々しい内容もあって楽しめた。人間ドラマ好きの人ならもっと楽しめるだろう。
    ある薬局に数年世話になったことを少し思い出す。顔なじみの薬剤師さんが随分長話をする人だったが、あれは患者の調子を探るためだったのだなと今になって思った。

  • 日本にいる薬剤師の2割弱という病院薬剤師にフォーカスしたお話。どこまで機能しているかの程度はあるとはいえ、疑義照会があることで防がれている医療事故もあるはず。そういった面で違う視点を与えてくれる良作。この先が楽しみな漫画がまたひとつ。

  •  今まで意外に存在しなかった、病院薬剤師を描いた作品シリーズである。
     医療物は世に多く見られるが、その中で薬剤師というのはどうにも注目が集まらない地味な職業だろう。そうした我々一般人の蒙を払うのに、こうした漫画の存在は大きい。
     特にこの作品は、漫画としても素晴らしい。医療知識に欠ける一般読者にとってもわかりやすく、物語性に富んだ内容を提供しつつ、そこで描いている内容は現場に即したもの。
     私自身も薬剤師の知り合いから借り受けたが、年末に滑り込みで発刊された2018年注目の作品と言っていいだろうと思う。良質なお仕事物である。

     文句なしに星五つ。これからの刊行に大いに期待したいシリーズだ。
     この作品がフィーチャーされ、注目されていくことにも強く期待したい。

  • 病院薬剤師たちの奮闘。いいお仕事漫画だ。最近は病院と薬局が分かれているところが多いので、病院薬剤師さんに関わることが少なくなって来たけども、チーム医療っていいな。こども用のお薬の甘味料コーティングがオレンジジュースで溶けちゃうとか、チョコアイスやココアなら苦味がましとか、そうなんだって話もちらほら。看護師のおねーさま方の情報網はすごい。

  • 出勤前に本屋に立ち寄ります。どーしても漫画が読みたい気分だったので、試し読みだったこの本を読んだら面白くてつい買ってしまいました。

    現在、メンタルの薬と腰痛の鎮痛剤、あと風邪をひいて喘息起こした時にはそれらの薬を飲みます。ちょうど試し読みのところに喘息でお世話になっている「テオドール」が出てきました。おお!!と思ったきっかけでもあります。

    元来オタク気質で、自分が飲む薬の作用副作用を調べる私です。最近に至っては、両親が服用している薬の名前まで覚えるほど。でも、薬理とか分からないし、理系が壊滅的にダメなので、薬剤師は無理でした。

    この漫画にいつの日か常用しているメンタルの薬が何か出てこないかなーと思っています。

    医者やナースの漫画は多くあれど、薬剤師というのはとっても新鮮でした。

  • 薬剤師さんのお仕事マンガ。
    知らなかった裏側がたくさん。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」(小学館刊)

「2017年 『マンガ酒』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 1 (ゼノンコミックス)のその他の作品

荒井ママレの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
恩田 陸
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 1 (ゼノンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする