アルテ ⑫ (ゼノンコミックス)

著者 :
  • 徳間書店
4.21
  • (8)
  • (13)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 133
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199806117

作品紹介・あらすじ

2020年春、TVアニメ化決定!!!

2020年春、TVアニメ化決定!! 16世紀フィレンツェ。画家工房で働く、箱庭お嬢様の奮闘記。

イレーネから語られる壮絶な過去。
アルテはその話に驚きながらも彼女の燃えるように激しい情熱的な本質を見出し、納得のいく肖像画を描くことができる。
レオにも画家として認められ幸せの絶頂にあったが、アルテの知らないところで悪意が迫り始めていた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大原さやか様のヴェロニカが楽しみ♪
    アニメ化の影響もあるのか、アルテの表情と感情が分かりやすくなった気もする。

    イレーネの熱い思いと情熱がヒシヒシと、あれを狂気とするには激し過ぎる気がする。
    母の愛を信じ、自らもまだ見ぬ夫を愛し通すという思い。
    そんな彼女がアルテに、後悔をせぬため、愛を伝える事を大事だと説く。そんな彼女に、侍女のアスセナが、言わない恋も有ると。

    アルテもレオへ想いに意識が向く。
    レオにアルテをその想いを精一杯の言葉で伝える。

    そして、イレーネを取り巻く権謀術数に、アルテが巻き込まれそうな雰囲気です。

    #アルテ
    #漫画倶楽部
    #漫画
    #漫画好きなので
    #漫画好きな人と繋がりたい
    #漫画好き

  • もっとあなたのことを好きになれた。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

大久保圭: 2011年に鳴海圭名義で「ハンマーハンマー」(フェローズ18号)でデビュー。2012年からは大久保圭にペンネームを変更。2013年から初連載となる「アルテ」を開始している。

「2020年 『アルテ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大久保圭の作品

アルテ ⑫ (ゼノンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする