ジェノサイド論

著者 :
  • 青木書店
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784250202032

作品紹介・あらすじ

ツチ虐殺(ルワンダ)、「民族浄化」(旧ユーゴ)、そして…くり返されるジェノサイド、その処罰へと世界は動き出した。1990年代以降、国際戦犯法廷で判示される「人道に対する罪」「ジェノサイド」の罪および同二罪の適用を受ける戦時性暴力-その法理と解釈を詳細に検討し、戦争犯罪論の課題を示す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ジェノサイドという言葉の概念を生んだのはラファエル・レムキンというユダヤ人である。レムキンは東ポーランド生まれの法律家であり、検察官や大学教師となり、1930年代には国際刑法学者として国際的にも知られ、「刑法典統一会議」にも報告者として参加した。ユダヤ人であったレムキンは1939年にポーランドを出国しスウェーデン経由でアメリカにわたり、デューク大学やエール大学に努めた。彼はジェノサイドを違法とする世界運動を牽引し、犯罪に対する法規範を促進した。レムキンはジェノサイドという用語を、古代ギリシャ語で人種を意味するgenosとラテン語で殺人を意味するcaedereという2つの語から作り出した 。レムキンはジェノサイドを以下のように定義した。「国民集団の生命の本質的基礎を、その集団自体を全滅させようとして、破壊しようとする様々の行為の連結した企図。その企図の目的は、国民集団の文化や、言語、国民感情、宗教、経済の存在を解体したり、その集団に属する個人の人身の安全、自由、健康、尊厳や生命を破壊することである。ジェノサイドは、統一体としての国民集団に向けられ、その行為が個人に向けられるのは、その個人の特性によるものではなく、その国民集団の一員であることによる。」

  • ジェノサイド=「国民集団の生命の本質的基礎を、その集団事態を全滅させようとして、破壊しようとするさまざまの行為の連結した企図」(本文より)世界中で行われたジェノサイドとその裁きについて説明しています。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

 1955 年、札幌生まれ。中央大学法学部、同大学院法学研究科を経て、現在、東京造形大学教授(専攻:刑事人権論、戦争犯罪論)。朝鮮大学校法律学科講師、日本民主法律家協会理事、NGO 国際人権活動日本委員会運営委員、救援連絡センター運営委員。
 著書に『増補新版ヘイト・クライム』、『ヘイト・スピーチ法研究序説』、『ヘイト・スピーチ法研究原論』、『ヘイト・スピーチと地方自治体』、『憲法9条再入門』、『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか』[編]、『ヘイト・クライムと植民地主義』[編]、『思想はいまなにを語るべきか』[共著](以上、三一書房)、『軍隊のない国家』(日本評論社)、『パロディのパロディ─井上ひさし再入門』(耕文社)、『旅する平和
学』、『メディアと市民』、『思想の廃墟から』[共著](以上、彩流社)等。

「2020年 『新にっぽん診断』 で使われていた紹介文から引用しています。」

前田朗の作品

ジェノサイド論を本棚に登録しているひと

ツイートする
×