マーガレットとクリスマスのおくりもの

著者 :
  • あかね書房
3.87
  • (11)
  • (12)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 118
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784251000033

作品紹介・あらすじ

サンタクロースにあこがれるマーガレットは、クリスマスの前の朝、ノックの音で目を覚ます。扉を開けると彼女が夢見ていた冒険が待っていた。しかし…。小さな人形。大きな鳥たち。冬空に響くトランペットの音とともに、マーガレットのクリスマスの旅がはじまる。クルミ割り人形とともに、空をかける少女の夢。クリスマスに起こる珠玉のファンタジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2011年12月6日

    <MARGUERITE AND A CHRISTMAS PRESENT>

  • クリスマスならではの、素敵な物語絵本でした。

  • 絵がとても可愛らしく、そして美しい

  • [江戸川区図書館]

    いつもクリスマスの時期にみんなにプレゼントを用意するマーガレット。みんなが自分からのプレゼントにより注意をむけるように本物のサンタになりたいと願うのですが、その願いがかなったときにどうなるのかな?

    半ば無理やり息子に読ませたけれども、最初自分の配るプレゼントにがっかりしたマーガレットが気を取り直して配り始めたはっぱたちの画のページになると、「ほら見て、きれい」と私に見せてくるあたり、やっぱり本好きだよな、そして半強制でも本を楽しむ術を身に着けているよな、と変な所に感心した。

  • クリスマス用絵本

    マーガレットはサンタクロースにあこがれる女の子。
    クリスマスがちかくなると、もりやみずうみで、かわいいきのみやきれいなはっぱをみつけてきてはかみにうつんで、近所のひとにプレゼとします。

    しかしマーガレットは、自分のしていることがよろこばれていると思えません。
    それは彼女が本物のサンタクロースではないから、と考え、本物のサンタクロースになれるようにねがいます。

    かわいい繊細な絵
    くるみ割り人形のルドルフのしゃべりかた

    大人絵本かな。

    植田真 http://www.silentphase.com/

  • サンタさんからのプレゼントを待つこどもではなく、サンタさんに憧れるこどものお話という、逆転の発想から惹かれました。
    そして、あたたかくて優しいタッチのイラストと、そのイラストを生かす様々な構図が素晴らしいです。
    キャラクターも、ちょこちょこ動いてとっても愛らしい。
    かと思えば、儚げで切ない雰囲気も見える、なんとも味わい深いイラストです。
    誰かに贈り物をするということは、自分が思っている以上に誰かの心をあたたかくしているものなんだよ。そんな優しいメッセージが詰まっています。
    イラストもストーリーも、あたたかさを求める寒い冬にはぴったり。
    どの絵本とも違った、この作家さんにしか描けない特別な雰囲気を持った、心惹かれる作品です。

  • 「手から手へ・11、3、2011震災後のメッセージ」展 参加者

    あかね書房のPR
    「マーガレットはサンタクロースに憧れる女の子。だけど、大きな鳥にまたがって、くるみ割り人形と一緒に空を飛ぶことになるなんて…!」

    silentphase.com 植田真
    http://www.silentphase.com/

  • *+ちいさな細かい所まで描いてある
    *+プロローグがある
    *+手紙は手書き文字を使っている
    *+人物の色は、単色で塗っていて、むらがない

  • 大きな白い画面の中を、小さな女の子がちょこちょこと動くのがかわいらしい。

    糸のようにとても繊細な線と、やわらかな色使い。
    女性心をくすぐる作家さん。
    どんな方なのだろう。ぜひお会いしてみたい。

    お話も、やさしくてあたたかいです。

  •  色遣いやレイアウトがすごく好みー! 白の使い方がうまいと思った。本文の内容もなかなかステキ! くるみわり人形のキャラがいい。クリスマスにおすすめ。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1973年静岡生まれ。1998年、雑誌「イラストレーション」で第15回ザ・チョ イス年度大賞受賞。絵本に 『スケッチブック』 『マーガレットとクリスマスのおくりもの』 『まじょのデイジー』『おやすみのあお』『ぼくはかわです』、さし絵に『絵描きの植田さん』(いしいしんじ/著) 『わたしのおじさん』(湯本香樹/著)『えのないえほん』(斉藤倫/作)、装画 『号泣する準備はできていた』(江國香織/著) などがある。

「2019年 『境い目なしの世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

植田真の作品

ツイートする
×