ぼくおよげるんだ (くまたくんのえほん 2)

著者 :
制作 : 大友 康夫 
  • あかね書房
3.60
  • (6)
  • (7)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784251000422

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • くまたくん、たらいで遊んだあとお父さんとプールへ、最初は怖がるけれど泳ぐ練習

  • 夏にぴったりの内容。

  • 四歳児に読み聞かせ。夏になって、プ-ルが始まった頃に読むのがおすすめです。くまたくんは、できるだけおおきなこえで、なきました。のところでいつも大ウケです。

  • くまたくんは、お父さんんと一緒に公園のプールへ行きました。
    頭からシャワーを浴びることを怖がって、シャワーの下で大泣きをしているくまたくん。
    あやちゃんも、去年やっと頭からシャワーを浴びることができるようになりましたが、それまではくまたくんと同じでした。
    あやちゃんは今年1年生になりましたが、水泳の授業が嫌で泣いて見学したこともありました。
    そんなあやちゃんにそっくりなくまたくんが、泳げるようになる絵本だったので、読んであげたくて図書館で借りてきました。
    最初は怖がっていたくまたくんですが、お父さんに教えてもらって自信をつけ、嬉しそうな表情に変わっていきました。
    プールの中で泳いでいる動物一匹一匹も、それぞれ楽しそうに描かれていて、泳ぐことの楽しさが伝わってきます。

  • まだまだ続くよ、くまたくんのえほんシリーズ。
    ちょうど年齢がほぼ同じなくまたくん。
    体験談もほぼほぼ同じですごいなあと思う。
    いちよんはプール好きだけど、
    シャワーになるとやっぱり逃げるもんね。

  • 夏にオススメ♪

  • <div class="booklog-all" style="margin-bottom:10px;"><div class="booklog-data" style="float:left; width:300px;"><div class="booklog-title"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4251000420/skysroom-22" target="_blank">ぼくおよげるんだ</a></div><div class="booklog-pub">渡辺 茂男, 大友 康夫 / あかね書房(1979/07)</div><div class="booklog-info" style="margin-top:10px;">Amazonランキング:95,072位<br>Amazonおすすめ度:<img src="http://booklog.jp/img/5.gif"><br></div><div class="booklog-link" style="margin-top:10px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4251000420/skysroom-22" target="_blank">Amazonで詳細を見る</a><br><a href="http://booklog.jp/skychan/asin/4251000420" target="_blank">Booklogでレビューを見る</a> by <a href="http://booklog.jp" target="_blank">Booklog</a><br></div></div><br style="clear:left"></div>

  • 息子の大好きなくまたくんシリーズ。私が子供の頃読んでた本です。プールにいるたくさんの動物探しをするのも楽しいです。

全9件中 1 - 9件を表示

プロフィール

渡辺茂男(わたなべしげお)1928年、静岡県生まれ。慶應義塾大学図書館学科卒業後、米国に留学。ニューヨーク公共図書館児童図書館員、慶應義塾大学教授をへて、こどもの本の仕事に専念。おもな作品には、『エルマーのぼうけん』、『エルマーとりゅう』、『エルマーと16ぴきのりゅう』(ルース・スタイン・ガネット作、福音館書店)、『かもさんおとおり』(ロバート・マックロスキー作と画、福音館書店)、『どろんこハリー』(ジーン・ジオン作、マーガレット・ブロイ・グレアム画、福音館書店)、『山の上の火』(クーランダー、レスロー文、岩波書店)などがある。創作作品には、『しょうぼうじどうしゃじぷた』(山本忠敬画、福音館書店)、『もりのへなそうる』(山脇百合子画、福音館書店)などがある。子どもの本による国際交流にも貢献し、JBBY日本国際児童図書評議会(IBBY国際児童図書評議会の日本支部)にも尽力した。

渡辺茂男の作品

ツイートする