かあさんのいす (あかねせかいの本 8)

  • あかね書房
3.68
  • (21)
  • (15)
  • (41)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 392
感想 : 30
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784251005083

作品紹介・あらすじ

ウェイトレスをして一家をささえる母親のために、布張りの大きないすを買うまでを描く。少女の素朴な語り口が印象的な絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 水彩画の絵がカラフルで美しい。アメリカ合衆国の南米系の人々の話かな。母と祖母と娘の3人暮らしの家で、火事で燃やしてしまったバラ模様の椅子を買うために、ビン貯金をする。貧しくても明るい感じがいいね。

  • 昨日読んだ「ほんとにほんとにほしいもの」の前作。
    まさかあの一家にあんな悲しい出来事があったなんて。
    あの椅子をあんなに大切にしていたのにも納得。
    こちらが先だと知っていればなぁと後悔先に立たず。

  • ☆火事で家の物は全て失い、必死で働いている母親の為に、疲れたからだを休めるふわふわの綺麗ないすを買おうと、毎日空き瓶に小銭を集める女の子。
    思いやりの気持ちがあふれる絵本です。

  • 父さんは名前だけ出てくる。
    いないわけではないみたい。
    でも今はいない。いない理由はわからない。
    兎にも角にも、母と娘とおばあちゃんは生きていく。
    新しい家具買うの勇気いるよね。
    苦労して貯めたお金だからこそなおさら。
    いい椅子買えてよかった。

  • 1983年 コールデコット賞受賞作品

    「かあさんがつかれて帰ってきたときのために、大きなきれいな椅子を買おう。バラのもようがいいな。そのためにお金をためなくっちゃ。」
    (『キラキラ子どもブックガイド』玉川大学出版部より)

  • 大変な状況の中でも目標をもって毎日を大切に生きること。椅子一つにも思いをもって接すること。

  • 10'15"
    火事で家が焼けて
    小銭を瓶いっぱいになるまで貯めて
    ソファーを買うお話。

  • 家族で力を合わせ、火事を乗り越えて、再び、日常を取り戻そうとする一家の物語。
    「椅子」は、家族の安息の象徴かな。
    周りの人たちの温かさにも、心が和む。

  • 3歳にはちょっと難しかったかな。異国情緒漂う家族のお話。

  • 10分

全30件中 1 - 10件を表示

ベラB.ウィリアムズの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×