ふらいぱんじいさん (日本の創作幼年童話 5)

著者 : 神沢利子
制作 : 堀内 誠一 
  • あかね書房 (1969年1月20日発売)
3.82
  • (48)
  • (42)
  • (67)
  • (2)
  • (2)
  • 本棚登録 :475
  • レビュー :53
  • Amazon.co.jp ・本 (90ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784251006356

ふらいぱんじいさん (日本の創作幼年童話 5)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • めだまやきをやくのがだいすきな、まっくろな、ふらいぱんじいさん。ところがあるひ、おくさんが、あたらしいめだまやきなべをかってきてしまいました。もう、めだまやきをやくことができない。かなしくて、ふらいぱんじいさんはなみだをこぼします。そんなふらいぱんじいさんに、ごきぶりは「たびにでたらどうだい」といいました。あたらしいせかいで、だれかがまっているかもしれない。そうかんがえたふらいぱんじいさんは、たびにでかけることにしました──。
    ジャングル、砂漠、海へと出かけたふらいぱんじいさんの物語。超有名作、初読了。なんで今まで読まなかったのかとつくづく思う。もしかして冒頭のゴキブリが嫌だったのかな?(笑)こんなに長い旅になるとは意外でした。持ち手を曲げられた場面にとても戸惑った、もう誰にも使ってもらえないかもしれないと心配したから。フライパンだからこそ、たまごをあたためることができるんだろうねえ。鳥たちに愛され幸せそうなふらいぱんじいさんを見れて良かったです。

  • 中根さんの、「小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」」に載っていた推薦図書の一冊。

  • 図書館で借り。
    堀内誠一の本なので。絵が好きなので。
    絵本というにはページ数と字が多いけど、絵もたくさんなので飽きずに聞いてくれた。

    ラクダの子どもが笑ったところまでは読んだ。
    続きはまた明日読む。

    読み終わった。旅の途中で新しい自分の活かし方を見つけたんだねー。

  • ふらいぱんじいさんが最後にことりたちのおじいさんになれてよかった。

  • 図書館で私がオススメした中から息子が読んでみて借りてきた本。

    フライパンじいさんは旅をしたあとどうなるんだろう?目玉焼きの卵はみつかるのかなあ?
    ずっとそう思いながら読んでいました。
    目玉焼きを焼くことはもうないけれど、小鳥たちの卵を温める新しい仕事に出会って、フライパンじいさんはまだまだ楽しく暮らしていけそうでよかったなあ。

    8歳の息子はこの本を読んで何を感じるのかなあ?どこに着目するのかな?楽しみ。

  • ゴキブリに慰められたところ、海にジャバーンと入ったところ、ヒョウが「私黒ヒョウだったんだ」と言ったところ、猿が「叩いてやる!」と言ったところ、ダチョウに「男だって構うもんか」と言って蹴られ「たまご、たまご、たまご〜!」と言うところが面白かった。

    //////////////////

    修吾が初めて一人で読んだ字の本

  • 4歳半の息子に読み聞かせ中です。おおよそ見開き1頁に、挿絵がついているので、絵本から童話への読み聞かせのステップアップにぴったりの本です。文字も大きく、1頁に書かれているのはそれほどの文字数ではないので(もちろんすべて平仮名)、自分で平仮名が読めるようになったら、少しずつ自分でお話を楽しめそうです。
    また内容も、いろんなところに冒険をしに行くのですが、途中で動物に会います。動物も身近なものが多いので、4歳半でも十分内容を理解できているようです。ただ、主人公がフライパンであること、そして道中想像したこともないような方向に話が行くので、読んでいて楽しいようです。私自身は小さいときに読んだ記憶がなく、これが初めてですが、最後の結末を楽しみにして読み聞かせていきます。★4つ

    読み終わりました。最後の2章は一気に読んでしまいました。息子は、フライパンの取っ手が曲げられてしまったところで、大変心配していました。最後の結末のことはまだイマイチわかってなかったようですが、私的にはとても良い終わりでした。量的にもそれほどないので、今度は前編、後編と分けて読み聞かせ、最後は、一気に読み聞かせできるような量だなと思いました。

  • まるくて ながくて くろいもの なんだ?
    ふらいぱん
    「たまご たまご たまご、おおきな めだまやきを やきたい!」
    ふらいぱんの じいさんは、めだまやきを やくのが だいすきで、
    あるとき とうとう たびにでた。
    ~表紙見返しより~

    目玉焼きを焼くのが大好きなふらいぱんじいさん。
    ある日、奥さんがおなべを買ってきたので、
    もう大好きな目玉焼きを焼かせてもらえなくなりました。
    自分の役目を終えたとガッカリしたふらいぱんじいさん、
    この広い世の中で、誰かがまだ自分を必要としているかもしれないと
    旅に出ることにしました。

    去年の夏休み(小1)に親の私が選んで図書館で借りてきましたが、結局読了できないまま返却しました。
    今年、一学年上がって、図書館で手に取ったのは子ども自身でした(^^)
    なんと、今回は(読み聞かせではありますが)全編を休まず一気読みです。
    ずいぶんと長い時間、お話に集中できるようになりました♪
    とっても面白かったとのことです。

    (こども一言感想)
    ヒョウの夫婦がふらいぱんじいさんに映った姿を見て
    「自分こそ黒ヒョウだ!」喧嘩するシーンが特に面白かった!

  • 本日の読み聞かせ。
    ほう!懐かしい!と思い図書館で借りてみました。
    まったく物語を思い出せなかったので、子供と一緒にワクワクしながら読めました。なんだかほのぼのしたお話ですね。

全53件中 1 - 10件を表示

ふらいぱんじいさん (日本の創作幼年童話 5)のその他の作品

神沢利子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
馬場 のぼる
モーリス・センダ...
ばーじにあ・りー...
にしまき かやこ
有効な右矢印 無効な右矢印

ふらいぱんじいさん (日本の創作幼年童話 5)に関連するまとめ

ふらいぱんじいさん (日本の創作幼年童話 5)を本棚に登録しているひと

ツイートする