ぼくだけしってる (あかね幼年どうわ)

  • あかね書房
4.05
  • (16)
  • (7)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 156
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (74ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784251007117

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • きつねのこシリーズ

    ふねやバスを見たことがないきつねのこ。
    漢字が書けないきつねのこ。

    「四なんて、かけなくたって、ぼくはぼく」

    せつない…


    ゆうだちのあと、にじを見て

    「ぼくだけしってる」

    そして、そのあとで

    「そうだ、くまくんたちにも みせてあげなくちゃ」

    いいなあ。

  • 友達は漢字を知ってるけど、自分は知らなくて笑われる…割と生々しいというか、あるあるな話です。

  • いい話で大人ながら感動した。キツネくんの一生懸命さ、やさしさ、純粋さが伝わってくる話。

  • きつねの子の心の動きが良い。自分が知らないことを悲しんだり、悔しくて嫉妬したり。

    6歳の娘には、きつねの子の気持ちがわかる部分とわからない部分が半々だった。

  • きょうかしょにのってた話の続編、よかった

  • これもいい。
    虹を見て、きつねのこだけが知っているという話。

  • 良かった。図書館本。絵本に近い、お話の本。
    77頁。《あかね幼年どうわ 41 》《きつねのこシリーズ 3 》

    《読んであげるなら 4才〜、自分で読むなら 6才〜》
    《大きな活字と絵で語る、読みややすいストーリー》

    あとがき より→《「虹はいつも太陽の反対側に見られ、朝は西、夕べは東の空にある。」》←へ〜!知らなかった(^^;)

  • 「ぼくは、ぼく。きつね こんすけ。」
    誰もが抱く他人の知識や経験への嫉妬。このお話は子ども達に「そういう気持ちになるのは、君だけじゃないし、君だけが知っていることもたくさんあるんだよ。」と優しく語りかけます。

  • 今回はちょっと傷心のこんすけ。息子にもこんすけの気持ちがわかったようです。こんすけが自分で立ち直る姿に成長を感じました。
    知ってるか知らないかで優劣は決まらない。知る喜び、感動する心は大事にしたいです。
    (読んだ時期:6歳)

  • ぼくだけしってる・たからものとんだ

全11件中 1 - 10件を表示

もりやまみやこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
にしまき かやこ
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×