まいごのビーチサンダル

著者 :
  • あかね書房
3.20
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (60ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784251011022

作品紹介・あらすじ

砂浜に忘れられたビーチサンダルの片われ“サン”。波にさらわれ、沖へ流されていくなかでサンは、サンゴの卵たちや、ナポレオンフィッシュ、リンゴに出会い、みんなかなしいわかれをしていると知りますが……。詩人の村椿菜文が、サンダルを主人公に、だれもが経験する出会いとわかれ、はなればなれになった友だちへの思いを繊細に紡いだ物語。この小さな世界を、チャンキー松本が和紙を使った貼り絵で、あたたかく表現しています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 海で片足ずつ離れ離れになったビーチサンダルのお話。迫力のある構図の切り絵がインパクトがある。
    絵本から物語へ移行期の児童におすすめ。

  • 絵がカラフルで個性的。
    冒険ものは子供がとっつきやすいようで
    夏休みの読書感想文(自由部門)で入選。
    確か「先生がすすめる夏休みの本」
    みたいなのだったかと。。。

  • ビーチサンダルのサンが砂浜で目をさますと、友だちのビーと持ち主のコウくんがいません。はぐれてしまったのです。
    サンは無事にふたりに会うことができるでしょうか…。

  • はなればなれになったビーチサンダル。かたわれをさがして広い海を漂う。

全3件中 1 - 3件を表示

村椿菜文の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×