やい トカゲ (あかね創作えほん (18))

著者 :
  • あかね書房
4.00
  • (5)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784251030184

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 詩集みたいな本
    絵もきれい

  • 子供の心情よくとらえてる!

  • 自転車を無くした男の子と尻尾を無くしたトカゲ。

    家に帰って、自転車をなくしたことを言うが
    お母さんにはきっぱりと言われる。
    「物をなくしたからって、すぐに新しい物を買ってもらえると思ったら、大まちがいよ。」
    お母さんは、それきり自転車の話はしなかった。

    私が「ボク」だったら、無くしたとは言わないな~
    盗まれた!と言うな~

    まぁ、不注意なのは不注意なんだけど
    無くしたとは言いがたいと思うんだもん。

    でも彼は、自転車のない状態をつまらないと思いつつも
    親にわがまま言ったりしない。
    ただ、腹立ち紛れにトカゲに石をなげて尻尾をちぎらせる。
    それをみて、自分とオーバーラップさせるわけだ。


    最後の終わり方がいいね。
    「ボク」は今の子と比べて、大人だな。と思った。


    絵もなんだかノスタルジーな画風で、子供の夏の放課後という感じで雰囲気ある絵です。

  • 自転車を盗まれてしまった少年。
    その少年の途方にくれる気持ちを見事にあらわした絵本。少年のくやしいようなせつないような気持ちがとてもよく伝わってきました。

  • トカゲの話かと思ったら、自転車の話でした。
    でもそれは、トカゲはしっぽを、男の子は自転車を大切にしていて、誰かが何かを大切にしていて、それを失ったときの物悲しさを描いているように私は感じました。

  • 大人になってから出会った絵本。
    大好きな人に大好きになってもらえたら、嬉しいなぁって、思う絵本。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1944年、神奈川県生まれ。高校生のころから作詞をはじめ、「うたう足の歌」で1967年度レコード大賞童謡賞を受賞。以後、童話作家として活躍するようになる。
作品に、『トンカチと花将軍』(共著)、『ひろしのしょうばい』(サンケイ児童出版文化賞受賞)、『もりのおかしやさん』など多数。

「2013年 『愛蔵版 クリスマスって なあに』 で使われていた紹介文から引用しています。」

舟崎靖子の作品

ツイートする