クモのひみつ (科学のアルバム)

著者 :
  • あかね書房
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (54ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784251033369

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ブックリサイクル。昨年夏に蜘蛛と同居wしてから興味を持って、ちょうどいいともらってみた。益虫というのは知ってたけど知れば知るほど驚き。ちょうど人生初、アシダカグモというでかさの蜘蛛を知り、さすがに気持ち悪かったものの興味は尽きず。昆虫ってほんと面白いよなあ。一般に知ってるクモ以外にも土の中に住むクモとか花に隠れるクモとかいろいろあって面白かった。朝露に濡れたクモの巣はほんと綺麗。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

栗林 慧(くりばやし さとし) 
1939年、満州国奉天生まれの写真家、映像作家。長崎県平戸市(旧田平町)で育つ。自衛隊員などの職のかたわら、東京綜合写真専門学校で写真の基礎を学んだ。アマチュア時代にはペンタックス国際写真コンテストアンスコカラーフォトコンテスト、学研フォトコンテストなどで、推薦・最優秀賞・2等賞を受賞。その後、フリーの生物生態写真家となるに至る。
昆虫などの生物についての写真が専門で、撮影のためのレンズから独学で手作りするような機材開発、研究技法確立に努める。手前の虫を拡大しながら遠距離まで写し込める「虫の目レンズ」の開発で有名。
2002年写真集『栗林慧全仕事』が日本写真協会(PSJ)年度賞、2003年『アリになったカメラマン』が産経児童出版文化賞、2005年『栗林さんの虫めがね・発見』が産経児童出版文化賞をそれぞれ受賞。2008年に紫綬褒章を受章。

栗林慧の作品

ツイートする
×