ぞくぞく村の魔女のオバタンの使い魔 (ぞくぞく村のおばけシリーズ)

著者 :
  • あかね書房
3.62
  • (9)
  • (0)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 194
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (79ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784251036520

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おもしろい

  • ほとんど不幸なことしか起こらない。

  • どうしよう!こんなに子ヤギたちがいた!というところのオバタンのびっくりした顔が面白かった。

  • 息子が学校の図書館で借りてきて、一言。
    「すっごく面白いから、お母さんも読んでみなよ!。」

  • その苦労ぶりが笑えます。

  • 本の交換でいただいたもの^_^

    子供の字だったので、きっと可愛らしい話なんだろうなぁーと、休憩のつもりで読んでみましたが、なんともほんわかする内容でした。

    ナナカも今後こういう本を読むようになるのかなぁ。。。。

    こちらシリーズっぽいです。

    私の時代はずっこけ三人組とかだったけど、今はこういうのが流行りなのかな?ハリポタもあることだし?

  • チビ1号、移動図書館にて

  • この本は、5歳ぐらいにおすすめする。

  • H20.11.7

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

末吉暁子・作:神奈川県生まれ。児童図書の編集者を経て、創作活動に入る。『星に帰った少女』(偕成社)で、日本児童文学者協会新人賞、日本児童文芸家協会新人賞受賞。『ママの黄色い子象』(講談社)で、野間児童文芸賞受賞。『雨ふり花 さいた』(偕成社)で、小学館児童出版文化賞受賞。『赤い髪のミウ』で産経児童出版文化賞フジテレビ賞受賞。シリーズ作品に「ざわざわ森のがんこちゃん」(講談社)、「きょうりゅうほねほねくん」「くいしんぼうチップ」(ともにあかね書房)など多数がある。

「2015年 『ぞくぞく村のランプの精ジンジン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

末吉暁子の作品

ツイートする
×