アカシア書店営業中! (スプラッシュ・ストーリーズ)

著者 : 濱野京子
制作 : 森川 泉 
  • あかね書房 (2015年9月15日発売)
3.85
  • (5)
  • (8)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :65
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784251044242

アカシア書店営業中! (スプラッシュ・ストーリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本屋さんを守れ!
    子どもが知恵を出し合って、街の本屋さんがなくならないように奮闘。

  • 町にある「アカシヤ書店」で、なんと児童書コーナーが減らされる…。アカシヤ書店を救うために、大地は友達と協力して、ポップやサイン会を計画します。本が好きな人にオススメ!

  • 宮原大地は本が大好きな5年生。近所の本屋さん「アカシア書店」の児童書コーナーは、他の書店にはない品揃えで気に入っている。去年引っ越して来て、影の薄い大地が、同級生の田口智也と友達になれたのも、アカシア書店で出会ったからだ。
    アルバイト店員の若林さんや、社員の内海さんも感じが良い。内海さんの娘さんの真衣も、同じクラスの読書好きな女の子とわかった。
    ところが、少し前にアカシア書店の店長が変わってから、様子が変わって来た。文具を売るコーナーが増え、児童書コーナーが減らされる方針になりそうなのだ。
    内海さんと若林さんの頑張って児童書コーナーを守ろうとするも、去年より、売り上げ10パーセントアップしたら、児童書コーナーをそのままにしようという事になった。
    それを聞いて、大地たちも、アカシア書店の売り上げアップの為に協力する事にした。

    本のポップを作る。それは他の小学校の読書部の子達にも広がった。
    1冊の本を読んだ感想をリレーのようにつなげる。10冊でゴール。
    人気の小説の作家さんたちのサイン会。(ツテがあってのでかなった)
    小さい子向けの絵本読み聞かせ会(図書館のボランティアの人たち)
    そんな甲斐あって、売り上げはアップしているみたいだけど…

    実は、大地のおじいちゃんが店のオーナー。今は経営をおじに任せているけど、おじはグループ系列のスーパーに変えようとしているのだ。大地はそれを知っても、もともと仲の良くないおじいちゃんに頼む事なく、自分たちでアカシア書店をなんとかしようとする。
    さて、結果は…

    今の子って、本好きなら本好きってだけじゃなくて、アウトプットして、結果が求められる社会に生きてる。
    いや、私たちおとなもそうなんだけど。

  •  本が好きな小5の大地。この町には半年前に引っ越してきた。前に住んでいた町には近くに本屋さんがなく、児童書コーナーが充実したアカシア書店があることがとてもうれしかった。ところが、アカシア書店の児童書コーナーが減らされるかもしれないと知り・・・。
     『少年探偵ラン丸』は、実在のものではなさそう。『白い扉の家』という本が気になった。(書名を検索したけど、これも実在しないもののよう)サトクリフとか実際にあるものは、巻末にリストでもあればいいのに…と思った。

  • 本好きの小学5年生、大地の住む町にある「アカシア書店」。子どもの本が充実していて、児童書担当の店員さんもいい感じ。でも店長は売上を理由に児童書コーナーの縮小を考えています。売り場を守るため10%の売り上げ増を店長に宣言してしまったアルバイトの若林さん。失敗すれば若林さんはやめさせられ、売り場は縮小…。子どもの本には子どものアイデア!大好きな本屋さんを守るため大地とその仲間たちが立ち上がります。

  • 読書好きの5年生、大地のお気に入りは町でただ一つの本屋アカシア書店。児童書も充実している。ところが、その児童書コーナーが縮小されることに。コーナーの担当者と大地たち本好きの仲間は、児童書コーナーを守るために、店長との約束売り上げ10%アップに挑戦する。

    大好きな本屋さんの児童書コーナーを守るために売り上げ増に奮闘する書店員と子ども達の奮闘を描く。

    文字数も少なく話も単純で読みやすい。

    ただ、サイン会を依頼することになる人気本の作家が、大地の父親の知り合いだったり、書店のオーナーが大地の祖父だったり、最後に大地が書店を譲られることになったり、と、話がうまくいきすぎで興醒めになる点も否めない。

    また、大地が読書好きとの設定だが「飛ぶ教室」「ともしびをかかげて」「太陽の戦士」などを自ら手に取り読んでいる……とは、優等生過ぎる気がする……。
    そもそも、ハードカバーを何冊も自由に買うことのできる子どもって少ないんじゃない?それだけのお金があったら、たいていは他のことに使っちゃうんじゃない?と思ってしまう。

    表紙と挿絵はマンガ調。好きではないが、この話には合っているのではないか。

    リアル本屋が減っている中、今回活躍した大地が、将来祖父から譲り受けるこの書店をどう盛り上げていくかにも期待したい。

  • あらいいですねー。
    とかいいつつ、ネットで買ってばっかりなので、地元書店でも買わなきゃだなー。

  • ★★★☆☆
    本のお仕事にたずさわるものとして、むむむと思うところや気をつけねばと思うところや。
    児童の中から声があがるのはうれしいなあ。
    主人公ラックもあります。
    (まっきー)

  • 本屋。小学生。児童書コーナー以外のフロアの人は何をやっているんだろう、と途中まで思ってしまった。

  • 児童書だけど、大人が読んでもわくわくしながら最後まで読めた。本好きな高学年にオススメしたい。

全10件中 1 - 10件を表示

濱野京子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
ヨシタケシンスケ
ヨシタケ シンス...
吉野万理子
R・J・パラシオ
ヨシタケ シンス...
ヨシタケ シンス...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

アカシア書店営業中! (スプラッシュ・ストーリーズ)はこんな本です

ツイートする