百川(モモンガ)小学校ミステリー新聞〈1〉青いハートの秘密 (百川小学校ミステリー新聞 1)

著者 :
  • あかね書房
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784251045010

作品紹介・あらすじ

学校のまわりで、なぞの事件が起こったぞ!「子どもにきばをむく森の木」!?「怪人からの挑戦状」!?"モモンガ新聞"にまかせとけ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ・いろいろな事が起こる。そしてその正体を見つけて新聞を書く物語クマグスはそのミステリーを次々につきとめる。
    ・はじめて読んだときに、とてもおもしろい本ではまりました。ゆうきのある男の子もかっこいいなと思いました。

  • 小学校のかべ掛け新聞を作っている3人組が学校のまわりで起こった謎の事件をあーだこーだ大騒ぎしながら解決していく。

    昆虫や植物をテーマにしたお話が3つ収録されている。全ページイラストが描かれていて、会話中心の物語になっているので、本が苦手な子どももサクサクと読めると思う。

    楽しみながら昆虫などに詳しくなることができる。理科を学び始める小学3年生に特におすすめする。

  • 通称モモンガ小学校の『モモンガ新聞』を作っている3人組が、次々におこる事件を解決していく物語。
    事件のキーワードが昆虫や植物で、話の終わりにはミニ知識が載ってます。
    挿し絵がいっぱいで、楽しいお話です。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

谷本雄治
愛知県生まれ。プチ生物研究家。新聞記者のかたわら、身近な生き物の飼育や観察にもとづく作品を発表。主な著書に『ぼくは農家のファーブルだ』(岩崎書店)、『カブトエビの寒い夏』(農山漁村文化協会)、『いもり、イモリを飼う』(アリス館)、『8本あしのゆかいな仲間クモ』(くもん出版)、『カブトエビは不死身の生きもの!?』(ポプラ社)、「ユウくんはむし探偵」シリーズ、『お米の魅力つたえたい! 米と話して365日』(以上文溪堂)など。

「2021年 『なつのおうじゃ おにやんま』 で使われていた紹介文から引用しています。」

谷本雄治の作品

ツイートする
×