エジプト十字架の秘密・十四のピストルのなぞ (少年少女世界推理文学全集)

制作 : 横尾 忠則  亀山 龍樹 
  • あかね書房
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784251080486

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【十四のピストルのなぞ】
      
     同時収録の「エジプト十字架の秘密」よりもページ数が少ないのですが、私としてはこちらの方が面白かった。
     なお、このタイトルは本バージョンオリジナルであって、完訳版では『靴に棲む老婆』『生者と死者と』というタイトルで出ているようです。
     舞台となるポッツ家の家族構成や屋敷の構造が面白い。さらにマザーグースの見立て殺人でもあります。映像化すればどんな風に描かれるのでしょうか。
     最後、「衝撃の真相!」の連続で、お見事です。

    【エジプト十字架の秘密】
     
    「読者のみなさんへ
       たたかいをいどみます
    犯人は、だれでしょう?」
     
     当然、私に分かるはずなかった。
     犯人の思考と行動があまりにも異常すぎます。単純過ぎる私には到底思いもよらない真相です。
     しかしミステリーの知識を増やしていけば、トリックを見破る可能性が高くなっていくはずだ。
     その考え方でいくと、ミステリーも時代が下がるごとに描かれたトリックやパターンのネタが増えていきます。
     ネタ切れにはならないのでしょうか。
     しかしそんな心配はよそに、次々と「衝撃の真相!」と銘打ったミステリーが生まれていっています。
    「衝撃の展開!」のミステリーが生み出されている限り、人間の能力を人工知能が超えるという技術的特異点(シンギュラリティ)の心配はなさそうです。
     というより、私はミステリーの種切れを心配するより前に、まず基本的なミステリーを読んで基礎的知識を充実させないといけない。
      
     以上、本巻の翻訳は亀山龍樹さん。なかなかこなれた読みやすい文体だと思いました。
     挿絵は横尾忠則さん。洒落た感じで、クイーンの作品世界にマッチしていると思います。
       http://sfclub.sblo.jp/article/181417176.html

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

フレデリック・ダネイ(1905-1982)、マンフレッド・ベニントン・リー(1905-1971)のいとこ同士のユニットのペンネーム。クイーン名義の処女作『ローマ帽子の謎』(1929年)以来本格探偵小説の旗手として多くの作品を発表。本作は「エラリー・クイーン・ジュニア」名義で発表された、少年探偵が主人公のシリーズ。

「2017年 『見習い探偵ジュナの冒険 黒い犬と逃げた銀行強盗』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エラリー・クイーンの作品

エジプト十字架の秘密・十四のピストルのなぞ (少年少女世界推理文学全集)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする