ぼくのふとんはうみでできている

  • あかね書房
3.58
  • (9)
  • (15)
  • (22)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 164
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784251098689

作品紹介・あらすじ

ぼくはなみのおとにゆられてねむる。うみのふとんおよいで、ねこのふとんこねこね、パンのふとんむしゃむしゃむしゃ…おはよう!夜の夢と朝の目ざめの、いったりきたりが楽しい"ふとん"絵本!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これぞ絵本!全てにおいて、今私が1番注目したい絵本作家さんです。絵本の中で繰り広げられるイメージの世界の拡がりと繋がりが秀逸。ミロコマチコさんの絵本を読むたびに、ページの中が広く広く深く深く…果てしないところへ誘われ、心を存分に遊ばせることができます。絵本は自由だ!これがミロコマチコの絵本。これからも期待しています☆

  • 猫の目、象の目、ワニの目が 印象的。

  • 装幀/SKKY Inc. 鯵坂兼充、角谷慶

  • 年中さん

  • 5歳4ヵ月

    〈親〉
    絵が好き ◯
    内容が好き ◯
    今回は早すぎた。いつかまたよんであげたい

    〈子〉
    初回からくいつく ◯
    何度も読む ◯

    その他


    2日続けておねしょした息子に、おねしょやめさせられるような本ないかなー、と思い
    題名からしてそれらしい絵本を借りてみました。
    が、そんなお話ではない、素敵な絵本でした。

  • うみもパンもいいけれど、ねこのふとん理想ですw
    何度も読み返したくなる不思議な魅惑の絵本。

  • 寝ている間の不思議な感覚が描けている!夢といってしまえば、それまでだが、身体感覚が研ぎ澄まされている。こういう雑な絵も好きなので、出会えて嬉しい。

  • 飾らないタッチと、子ども心そのままの連想、想像力の広がりに強いエネルギーを感じる。
    でも生き物の目が怖い。それも愛嬌。

    子どもは流動的なストーリーを真剣に受け止めていた。
    表紙裏の波に動物が隠れている絵もお気に入り。

  • 絵本マスターの持ってたのを読ませてもらった。こわかった。

    • sio729yakaさん
      絵本マスター笑

      図らずも、ふとんシリーズだね。眠たいんだなぁ…zzz
      絵本マスター笑

      図らずも、ふとんシリーズだね。眠たいんだなぁ…zzz
      2015/07/31
  • [江戸川区図書館]

    てっきりおねしょに関する本かと思って借りてきたけど…??壮大な空想系のお話だった。まぁこれはこれで面白いかな。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ミロコマチコ
画家・絵本作家。1981年大阪府生まれ。国内外で個展を開催。第41回巖谷小波文芸賞受賞など受賞歴多数。本やCDジャケット、ポスターなどの装画も手がける。

「2019年 『あの日からの或る日の絵とことば』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ミロコ・マチコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミロコマチコ
くすのき しげの...
ジョン・クラッセ...
ユージーン トリ...
ジョン・クラッセ...
ヨシタケ シンス...
トミー=アンゲラ...
モーリス・センダ...
クリス ホートン
いまい あやの
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×