学校怪談 1 (少年チャンピオン・コミックス)

著者 :
  • 秋田書店
3.65
  • (20)
  • (11)
  • (47)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 132
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784253053747

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 不気味なストーリー。
    でも怖ろしくはないかな。
    絵柄が大好き。
    イケメン山岸涼一君が多数。

  • 小さな九鬼子は俺のものだ!

  • 『潜むもの』

    『赤い靴』

    『眼』

    『渡り蛇』

    『少年ナイフ』

    『ぬいぐるみ』

    『手』

    『×印』

    『眠るな』

    『仮面』

    『花』

    『ヤマギシ』

    『助けて』

    『さわるな』

    『保健室の怪』

    『穴』

    『吸血鬼』

    『怖い夢』

  • 高橋葉介による傑作ホラー。
    特に初期の巻はどの話もホラー作品としてレベルが高い。
    途中から山岸君が不死身ではなくなり、雰囲気も変わりコメディ色が強くなってきたのが少々残念。
    まあ九段先生自体は好きではあるのだが。

  • 先生が最強です。強いお姉さんはかっこいいね!
    これ最初は続けるつもりはなかったとか。
    雑誌が雑誌なだけに、結構まともそうなお話で、誰にでも進められるホラーって感じです。
    夢幻さんはおじさまとして出てきます。
    面白い演出で、葉介先生ファンはクスリときます^^

  • 短編集。基本的にはホラー、でもたまにギャグオチ有り。この人の短編は絶品。

  • ¥105

  • このシリーズは五巻までの毎回短編ってのが神がかってました。だから五巻までだけ紹介、、、

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1956年、長野県生まれ。77年「江帆波博士の診療室」でデビュー。『夢幻紳士』『学校怪談』、『もののけ草紙』などのシリーズで人気に。独自の「怪奇幻想マンガ」を描き続ける。

「2020年 『拝む女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋葉介の作品

ツイートする
×