エロイカより愛をこめて (1) (Princess comics)

著者 :
  • 秋田書店 (1978年10月1日発売)
3.79
  • (36)
  • (12)
  • (48)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 196
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・マンガ (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253071093

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『ガラスの仮面』しかり、『王家の紋章』しかり、数十年規模で長く続いている少女マンガは、熱心なファンがいる一方で、きっかけがないとなかなか入りづらいかもしれません。本作もそんな著名タイトルの一つですが、こちらは青年マンガをよく読む人や男性にも、ぜひ手に取ってみてほしい一作。物語のメイン要素は、東西冷戦を背景としたスパイアクション。主人公のひとりは硬派で堅物でワーカホリックなドイツの情報将校。彼の行動にもうひとりの主人公ーー美しいものを愛する大泥棒「エロイカ」が絡むことで、軽妙なコメディとしても成立しています。個性的なキャラクター、美麗で緻密な描き込み、細部まで計算されたストーリー、洒脱な台詞回し…それらが見事に釣り合った、非常に贅沢なマンガです。時代の変遷にしたがって作品の雰囲気も少しずつ変わっていくため、イントロダクション部分に面喰らう方もいるかもしれませんが(笑)、まずは4〜5巻(文庫版では3〜4巻)収録の「アラスカ最前線」編まで、一気に読むことをおすすめします!(鈴木史恵)

  • 未読なので読みたいです

  • アクションとホモが激しい(笑)ギャグ満載のハイテンション作品。少佐とその部下のZ(ツェット)が特に好き。Zのスピンオフ作品も面白いのでお薦め。最近は顔が長くなりちょっとバランスが…残念。

  • もうかれこれ30年も読んでるような。長い。ダンボールに入ったスペシャルパックやらイラスト集やら、いろいろ買い込むほどの熱の入れよう。

  • 初めて読んだのは中学のときだったか。
    いまじゃ少佐より年上になっちまった(゚Д゚)

  • 少佐もエロイカもジェイムズくんも、みんな愛らしくてすき。これを読んでから授業でNATOがでてくる度にわくわくしてるのは言うまでもない。

  • 本棚61

  • スパイアクションでギャグ。いかしたおっさんが沢山出てきてときめきます。

  • ドイツ軍人とイギリスのホモが大暴れする話。
    登場キャラが魅力的なワールドワイドアーティスティックスパイコメディ!
    ただし1巻1話の目を逸らしたくなる具合は異常

全25件中 1 - 10件を表示

エロイカより愛をこめて (1) (Princess comics)のその他の作品

青池保子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする