花のズボラ飯(2)

  • 秋田書店
3.80
  • (128)
  • (209)
  • (179)
  • (27)
  • (2)
本棚登録 : 1646
レビュー : 157
  • Amazon.co.jp ・マンガ (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253104593

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 料理って、簡単に思いつきでチャッチャと作た時ほど、サイコーに激ウマになってしまうのかも!!

  • 噂の「花のズボラ飯」。「孤独のグルメ」原作者の久住さんが原作とは知らなんだ。久住さん、何者なんだ。花は一人暮らしかと思ってたのに、まさかの人妻。まぁ夫が単身赴任中だから一人暮らしだけど。夫の姿は一切出てこない。そして汚部屋。どうやって結婚生活をしてたんだ。愛する夫がいるとそんなにちゃんとできるのか。あれ、孤独のグルメも五郎さん、こっちはゴロさん。この名前が好きなのか。ズボラすぎてあんまり作りたいとは思わなかった。友達のミズキが妊娠、結婚となったところは感動的だった。こういう友達がいるのはいいよねー。

  • 再読。ストーリーも進みつつ、相変わらず花さんかわいい。
    3巻待ちです。

  • ゴロさんにドタキャンされてぷんすかしてる花さんの気持ち…わかる、わかるぞぅ!

    大体の思いつきで材料を買ってきてからレシピを調べ始めるとかこれは私ですか。

    みづきちゃんとのエピソードはすごくいい。
    花はいっつも明るいけど実は…って思わせつつ、でもそんなに深く考えてないかも、って思わせる匂わせ具合が絶妙。花本人には何も語らせず、周りの証言で色々ほのめかす。
    誰だってひとつやふたつ抱えてるもんがある。
    でもだからってそれを公けにしたところでだからなに?ってことはたくさんあるし、言わなくてもいいことも聞かなくてもいいこともあって、そんでもってご飯が美味しければ結構しあわせになれる。

    そういう目に見える実感できる小さなことって大事だ。

  • 最初読んだときは
    ちょっとうっとうしかった花ちゃん

    読み返すうちに
    どんどん好きになった花ちゃん

    早く3巻でないかなぁ

  • はなちゃんの手にかかると、

    食材達が全員どんどこどんどこ踊りだしそう♪

    楽しげに食べるはなちゃんが今回も可愛すぎますっ~~

  • 2巻目。

    ズボラ飯は相変わらず好調だし、サイドストーリーもいい塩梅。ただの底抜けに明るい登場人物たちというわけではなく、影をチラ見せしてくるところに、ちょっと胸をつかれたりする。しかも、あのパン屋さんが最強すぎて、常にアタマの中にちらつくんですけど!

    それにしても、「じゃがいもとチーズの重ね焼き」と言わず、「ヤンソンさんの誘惑」と呼ぶと、期待度と素敵度が3倍くらいにアップするな、といつも思う。

  • グルメ漫画じゃないですよ。フツウの食事漫画です。このくらいのズボラ飯ならフツウだと思うんです。

  • はなちゃんの一途さがすごくいい。
    身体のことなんとかしてあげたい。

    公園で串をくわえているコマを思い出すとほんとうにたまらない > <

  • 相変わらず美味しそうなズボラ飯でした!
    表紙のテーブルに乗ってるCDやDVD、飲んでるペット飲料、使っている化粧品まで細かくわかってしまうのはやはり同世代だからなのかwwww
    ワッフルが美味しそうでたまりませんが、我が家にも眠っているジューサーがあるのでワッフルメーカーに手を出すのはぐっと堪える所存・・・・・・
    1巻では出てこなかった花の食生活以外のパーソナルな部分も発覚したり。
    2ページ使った見開きページはちょっと切なかったなぁ・・・・。

全157件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

久住昌之(くすみ まさゆき)
1958年生まれ。81年、泉晴紀(現・和泉晴紀)と組み泉昌之として漫画家デビュー。同コンビでの作品に『かっこいいスキヤキ』、『豪快さんだっ!』、『食の軍師』など多数ある。実弟の久住卓也とのコンビ、Q.B.B.で発表した漫画『中学生日記』で第45回文藝春秋漫画賞受賞。同名で『とうとうロボが来た!』なども発表。
その他代表作として、故・谷口ジローとのコンビによる漫画『孤独のグルメ』があり、テレビドラマも人気を博し2018年大晦日に至るまで、定期的にスペシャルドラマが放送されている。『花のズボラ飯』も原作を務める。

花のズボラ飯(2)のその他の作品

花のズボラ飯 2 Kindle版 花のズボラ飯 2 久住昌之

久住昌之の作品

花のズボラ飯(2)を本棚に登録しているひと

ツイートする