コミック星新一☆親しげな悪魔

著者 :
  • 秋田書店
3.66
  • (15)
  • (56)
  • (41)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 365
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253104630

作品紹介・あらすじ

ショートショートの神様、星新一先生の作品を、気鋭の作家たちが腕によりをかけてコミカライズ

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 西村ツチカさんの「もてなし」が一番ゾクリとして良かった。

  • 星新一が昔から大好きで、彼のショートショートはもちろん、ショートショートを読破した後にショートショートの広場まで手を出したくらい大好きなわたし。

    文章で読めばタイトルとか、最初の数行ですべてのストーリーを詳細に思い出せるくらいに何十回も読み込んでいるのですが、漫画で読んでみると全く思い出せない。むしろこんな話あったっけくらいの勢い。変な感じ。

    星新一にあまり思い入れのない人が読む分には、いいかもしれないけれど、星新一が大好きな人には絶対物足りないと思います。

    文章で読んで、自分で補完するからこそあの星新一独特な不思議さとか不気味さとかが出るのであって、漫画ではやっぱりちょっと違う。

    NHKで放送していた「星新一ショートショート劇場」みたいに、ただただ忠実に漫画化してくれた方が良かったかなという感じ。

  • SFショートショートの神様、星新一氏の作品を
    様々な作家さんが各々の解釈で話を再構成・・・
    するのではなく、純粋に描き上げた短編集。
    漫画にした事で更にクオリティが向上した作品もあれば
    漫画にしてしまった事で味気なくなってしまった作品もあるのが玉に傷。

    氏の作品はドラマ世にも奇妙な物語に数々のお話が採用されているし
    実際に採用された作品も収録されてるので
    世にも奇妙な物語ファンにもお勧めできる一品。

    原作を読んで意味不明だった「疑問」が
    最新刊で道満晴明さんが描いていらしたので読んでみたけど
    結局オチの意味が解らなかった。一体どういう意味なんだろうか。

  • 表紙の石黒先生目当てで読んだ。
    道満先生の漫画がすきだな。

  • 星新一をコミカライズした作品はいろいろあるが、秋田書店のこのシリーズは人気作家さんも多く(つまり画力が高いし、表現方法も色が出てる)、品質が高いのでお気に入り。個人的にこの本に収録されている作品の中では『妖精』が好き。どんな時代でも多くの人間が抱えている本質を端的に、だけどわかりやすく皮肉っている。また、こうしたオムニバス作品だとこれまで自分が知らなかった作家さんを知ることができる点もいい。単純に絵柄だけなら、西村ツチカさんが好き。

  • 白井弓子 「ひとつの装置」★
    石黒正教 「ねらった金庫」★
    奈々巻かなこ 「たねの効用」
    武嶌波 「親しげな悪魔」★
    KUJIRA 「愛の作用」
    渡辺ペコ 「妖精」★
    道満晴明 「疑問」
    青木俊直 「意気投合」
    西村ツチカ 「もてなし」★
    鈴木志保 「花とひみつ」★

  • どの話も面白いけど、コミカライズとしては道満晴明、西村ツチカ、鈴木志保の作品が好き。

  • 道満晴明さんと西村ツチカさんの描くコミカライズがものすごく好みでヒャッハーでした。星新一はよく読んでいたけれど原作とはまた全然違っていておもしろい。

  • 星新一氏の作品には、ロボット、宇宙、悪魔がよくでてくる。
    ヒトの心には、悪魔的なところがあるのですね。
    またロボットを通じて心というものをテーマにしているのですね。

  • 西村ツチカ目当てで購入。独特の間がここでも生きているように思った。
    どの短編も鮮烈。星新一のショートショートはどんな形になっても輝くものなのだと実感した。

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

星 新一(ほし しんいち)
1926年9月6日 - 1997年12月30日
東京生まれの小説家、SF作家。作品の多さ、質の高さから「ショートショートの神様」と呼ばれており、多くの教科書で収録もされてきた。森鴎外は母方の大伯父にあたる。
主な著作に『ボッコちゃん』、『盗賊会社』、『宇宙のあいさつ』、『気まぐれロボット』などがある。伝記としては最相葉月 『星新一 一〇〇一話をつくった人』が優れている。

星新一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

コミック星新一☆親しげな悪魔を本棚に登録しているひと

ツイートする