船を建てる 上

著者 :
  • 秋田書店
4.17
  • (94)
  • (33)
  • (57)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 453
レビュー : 46
  • Amazon.co.jp ・マンガ (410ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253105187

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この時はまだお話についてだったんだ。
    そう。ただお話をしたかったんだ。君と。

    世界に何も起こらなくたってそれについて話せるなんて
    とても夢のあることだと思わないか。

  • 「終わるからまたパーティーしましょ」の元漫画はこれです

  • はじめて読んだときはなんだか怖くてなかなか読み進められなかったけれど何度でも繰り返し手にとりたくなる本。
    日常を生き抜いていくことについて、救いのないさみしさについて。
    晴れた夏の日によく読む。

  • この世界観にすっかりハマれば凄く気持ちよさそう
    ただまだ私には全て感じることができなかった
    又再読してみたい、何年後かに

  • ミニシアター系の映画みたいな漫画。
    クラシックよりジャズ、長編小説より詩集
    …って気分のときにドゾ。

  • パレードはいまも続いているのかな。

  • 何かのカテゴリに放り込むことのできない漫画。

    「一つ歳を取った」「何か人生の節目を迎えた」・・・そんな時に読み返したい。

    今の自分がどんな感受性を持っているのか。
    読み返す度に新鮮な印象と、”今の自分”を感じることができる。

    一生ものの本だと思います。

  • お墓にもっていきたい本。
    擬人化(?)されたアシカたちの生活をかいた漫画。みすごしてしまうような、その人にしかわからない、喜び、悲しみを大切に汲み取ってる、可愛くて、やさしくて、悲しい漫画。

    どのお話も素敵ですが、最後のB.パーカーとチェリーのやりとりは本当に泣ける。

    パレードのように繰り返す滅びと再生。
    鈴木志保の感性は本当にすばらしいと思います。

  • 声を大にして「この本がいい!」と勧めたくはない。誰にも言わずに、死ぬまで本棚に置いておきたい。私の遺産分けの時に、誰かが本棚のこの本を手にとって持って帰り、そしてその人が死ぬまでその人の本棚にあって欲しい。そういう、私にとって大切な本です。

  • この本を教えてくれてありがとうって、何度でも言いたい

全46件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

青森県出身。血液型はAB型。代表作は『船を建てる』、『ちむちむ☆パレード』、『ヘブン…』など。『食堂かたつむり』コミック版も絶賛発売中!

「2013年 『にんぽぽ123(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

船を建てる 上のその他の作品

船を建てる 上 Kindle版 船を建てる 上 鈴木志保

鈴木志保の作品

船を建てる 上を本棚に登録しているひと

ツイートする