一億総SNS時代の戦略 (書籍扱い)

著者 :
  • 秋田書店
3.09
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 60
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253107747

作品紹介・あらすじ

人気コラムニスト・カレー沢薫最新刊のテーマは「SNS」!!1日中エゴサし続けているという著者が語る、SNSにおどらされないための心得。Twitterの投稿ひとつで人生を壊したりしないために知っておくべきこと・・。これからスマホデビューを考えているお子さんをもつ親御さん、企業のSNS担当にも役立つ知識が満載です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • カレー沢流「SNSのお作法」
    至って真面目な事が書かれており、あらためて勉強になった。
    しかし、そこはカレー沢先生。独特の比喩や言葉チョイスでグフフ(クスッでもガハハでもない)と笑わせる。

    私はSNSは公共の公園みたいなもの、と思っている。
    いつでも誰でも遊んでいいよ!という自由な場所でありつつ、ルールもマナーも勿論ある。
    そこでどのように遊ぶのかは自由だけれど、それを踏まえて発言、行動していきたい…とか言いながら、たまに忘れているが。

  • ごく当たり前のことが書かれている気がするけれど、カレー沢節で読むと面白い
    やけに出てくるSNSだけでキラキラしている漫画の話に共感する

  • カレー沢先生による現代SNSサバイバルガイドブック。

    主にツイッターがメインのお話が多かった。
    ちょうど10年以上ツイッターを使っているのでそうだよねと思うことが多かった。
    内容的にはよくツイッターでバズるタイプのSNSライフハックなんだけど、カレー沢先生の秀逸な例えや言い回しで飽きずに読了。
    SNSは現代座禅(精神修行)なんて言ってた人がいたけど確かに。何が流れてきてもスルーの心忘れないようにしたい。なんせガンジス川だから。

  • 役には立たないが面白い

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

モーニング(講談社)主催の漫画新人賞「MANGAOPEN」に本名・無題で応募し落選した作品が、カレー沢薫『クレムリン』(ともに本人命名 講談社)に変容を遂げ、月刊モーニング・ツー(講談社)でほぼ即連載となり、作家デビューを果たす。ほどなくコラム『負ける技術』(講談社)も連載となり、コラムニストとしてもデビューを果たす。以来、雑誌やウェブに連載超多数、本数未詳の大車輪で体力を使い果たす。最長不倒連載作品は開始以来すでに10年を超えた東京都写真美術館広報誌別冊「ニァイズ」(2021年7月現在)。なお、本作はコミックDAYS(講談社)で毎月第一・第三日曜日に1話ずつ更新中。第24回(2020年度)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。おめでとうございます。ありがとうございます

「2021年 『ひとりでしにたい(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カレー沢薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カレー沢薫
佐々木 圭一
アンデシュ・ハン...
宮下奈都
劉 慈欣
宇佐見りん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×