ねぇ、ママ (A.L.C.DX)

著者 :
  • 秋田書店
3.72
  • (6)
  • (11)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 122
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・マンガ (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253155687

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今年の文化庁メディア芸術祭のマンガ部門大賞作品。会場で冒頭のお話だけ読んだときに「あぁなんか今こういうじんわり沁みてく話を心が欲してる気がする…」なんて感じて購入。最近はパソコン使って背景までゴリゴリに描いてる作品ばかり読んでるもんだから、まるで古いアニメーションを見ているようなモッタリした画風がなんだかとても心地良くて。子供を見つめる温かい視線、一方で不在だからこそ際立つその温もり。大人になればなるほど膨らんでいく母親への感謝を、改めて思い返したりしています。

  • 第21回、文化庁メディア芸術祭 マンガ部門 大賞作品!

  • 2017年 第21回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門 大賞受賞作品。おめでとうございます。
    ザザとヤニクの修道院を舞台にしたお話は、同じ著者の「かごめかごめ」でご覧になれます。そちらもオススメ。

  • 一話ずつ静かに進んでいく物語。
    子を想う母。親を想う子ども。
    どれも切ないのだけど、小さく強さを感じられる。
    魔女のお話が良かったです。

  • きらきらと雨、切ない。一緒に食べようと奮発してご飯作って約束してたのに友達優先されちゃうとか涙でちゃう。けど、ホント息子なんてそんな感じ。そしてそれでいいのよ。

  • 「プリンセスメゾン」を読んでいますので、こちらも同じ著者ということで読んでみたんですけれどもまあ…タイトルにもあるようにお母さんが主題となっている短編集ですかね!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    冒頭の、息子が巣立ってしまう母親のお話はなんとも…いえ、僕は男ですので世のお母様のお気持ちは分からないのですけれども、しかし…なんともまあ、孤独感と言いますか、寂しさを感じるお話でしたね…。

    プリンセスメゾンも独身女性の拭いきれない孤独感みたいなのを扱っていますから、今回のお話もプリンセスメゾンにどこか通底する部分はあるのかもしれません…。

    他にも教会にお勤めの子? とかのお話も出てきますが、どれもこれもやはり、人間が逃れることのできない寂しさを扱った作品だと思いました!

    おしまい…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 1編目がいいなー

  • 余韻と静寂が最の高。
    セリフのないページの表現力が素晴らしい。

  • 丁寧で丁寧で泣けてくる

  • 「母」をテーマにした短編集だが、孤児、棄子、引きこもりといったネガティヴな事態が多い。でも、読後は切なさや郷愁だけでなく、ささやかな暖かさがもたらされる。『プリンセスメゾン』の読み手だけでなく、多くの人に読まれてほしい作。

全11件中 1 - 10件を表示

ねぇ、ママ (A.L.C.DX)のその他の作品

ねぇ、ママ (A.L.C. DX) Kindle版 ねぇ、ママ (A.L.C. DX) 池辺葵

池辺葵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
ヤマシタ トモコ
有効な右矢印 無効な右矢印

ねぇ、ママ (A.L.C.DX)を本棚に登録しているひと

ツイートする