凪のお暇(1)(A.L.C・DX)

  • 秋田書店
4.09
  • (91)
  • (109)
  • (47)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 1679
感想 : 69
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253156370

作品紹介・あらすじ

7月にTBSでTVドラマ放送スタート!黒木華さん、高橋一生さん出演決定!

空気読みすぎるの、もうやめたい…のに! !

場の空気を読みすぎて、他人に合わせて無理した結果、過呼吸で倒れた大島凪。
仕事も辞めて引っ越して、モラハラ彼氏からも逃げ出して、新しい日々、始めます。

共感の声続々の、大島凪28歳の人生リセットコメディ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「空気は読むものじゃなくて吸って吐くものだ」
    第1話からして、この名言。面白いし、共感できる。にしても元カレがクズすぎる。。。

  • 雑誌なんかで評価が高くて気になってはいたものの、なかなか機会がなく読みそびれていた。いざ読んでみると、ああ、こういう人ってきっと都会にはたくさんいるんだろうな、と他人事のような感想がまず出てきたけど、今持ってるものをほとんど捨てる、ということができる人はそんなにはいないだろう。捨てたところで次に何かを見つけられる保証は全くないし、結局実家に帰る、くらいが関の山かなと。(帰ることができる人は、だけど)
    捨ててしまって、その次に自分の身を亡ぼすような男にハマるというのは結構リアリティがあるなと感じる。今までにない環境に身を置いて、今まで周りにいなかった男にハマってゆくのだね、多分うまくはいかないと何となく分かっていながらも。凪ちゃんに幸あれ。

  • ドラマは見ていた。その感じを思い出しながら読んだ。”空気は読むものじゃなくて吸うものだった”、それに気が付いた凪の思い切った断捨離はいつ見てもすごいと思う。凪ほど便利扱いされる人ってどこにでもいるんだろうか。社会人を何年もやってると断捨離したくなることはあるだろうな。
    これまでにちょっとれんげ荘の杏子とつながることがあった。

  • この方の本はほんっといつも心を抉ってきますね…!!
    みんなが見ないふりしてる違和感とかほんとは良くない気持ちとか、そういうものに気付くのが上手いのかな。

    自分が自分に対して蓋して隠してる「つらいこと」「だめなこと」の箱が気付くと開いちゃってて、いつもちょっと痛い気持ちになる。でもたまにそこに気付きたいから読んでしまうんですよねえ。痛いなあ。心。

  • 仕事に、生活に行き詰まって、どさっと大人買い。毎日どこかに溜め込んでいた小さなごまかしを凪ちゃんがいかんいかんとなぎ倒していくのが心地いい。こんな風に自分に素直に生きられるようになれたらいいな、な漫画。

  • コナリ先生の作品が大好きな理由は、
    誰にでもあるコンプレックスや歪み、ネガティブな感情を丁寧に描きながら、
    最後には必ず綺麗な形で昇華させてくれるから。

    凪だけでなく、慎二やゴンさん、元同僚に至るまで、
    全員がそれぞれのコンプレックスを乗り越えて、
    しあわせな結末を迎えてくれるといいなと思います。

  • これはおもしろい。空気よんでこー。


  • 空気を読み過ぎてしまうと悩んでいる方にオススメします。私も周りの空気を読み過ぎてしまうところがあるので、とても共感できました。社会の中で「生きにくさ」を感じている人がいたら、何かを得られるマンガだと思います。


    主人公の凪は、自己肯定感が低く、他者の言動におびえていて、影で何を言われているかビクビクしながら生きています。だけど、とても魅力的なところがたくさんあるのに、それを自分では感じられていないのが、少し可愛そうだなぁと思います。
    でも人って、自分の悪いところばかりに目が行って、良いところが見えてないところってあると思います。そのために、人と比べてしまって、劣等感を抱いてしまうんだと思います。
    凪のおかげで「今はわかってないけど、私にも良いところがあるはずだよね」って気づくことができました。


    とにかく共感するところがたくさんあって、思いを文章化することができません。もっと文章力を高めたいです。


    黒木華さん主演のドラマも、とても良かったです。実写化は好きじゃないなぁっていう方でも、きっと面白いって思えるんじゃないでしょうか。

  • 【最終レビュー(既読カウントなし)】

    コミックレンタルにて既読。

    放映前なので、簡潔にネタバレなしで。

    〈お暇頂きます!〉

    そこまでに流れていくまでの

    あらゆるキーワードを通しての過程が展開されている。

    『断捨離』

    『節約』

    『ひとつひとつのささやかな選択』

    『なんにもないからこそ…』

    『安売りスーパー』

    『SNS投稿、嫌気が差した本来の理由』

    『凪のオリジナルミルクティレシピ』

    といった空気感の中、ここから、本格的に

    [彼女の人生リセットライフスタイルの始まり=プロローグ]といったところです。

    私自身を含め、誰にでもあること…至って、ありふれてシンプルなん物語。

    そこから、どう膨らませながら、物語を展開させていくのか、そこがポイントといった感じです。

    と同時に、彼女の図書館通いも描かれているので

    『映画;ビブリア古書堂の事件手帖』の要素とも重なっている。

    後は、安心して座長(黒木華さん)に委ねるのみです。

  • 空気を読みすぎてしまうOLの凪が、空気は吸って吐くものだと気づき、人生をリセットするところからはじまるラブコメディ。久々に一話、一話の展開が気になるマンガに出会いました。節約術も目からウロコだし、登場人物みんな個性豊かだし、凪ちゃんのお暇生活の行方も気になりますが、元彼の慎二がクズ可愛くて......最初は嫌いだったけど六円めの最後のコマで完全に慎二派になりました。あれはズルいよぉ。凪に言えないところが可愛い。
    凪ちゃんの幸せことを考えると復縁しないほうがいいのかもしれないけど......個人的にはめちゃくちゃ頑張って欲しいし、応援している。

    後、私も1巻の表紙みたいなストレートヘアの凪ちゃん好きです。

全69件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

コナリ ミサト
7月22日生まれの女性漫画家。かに座、O型。趣味は半身浴、ファッション雑誌モデル鑑賞、古着屋めぐり、飲食(カレー・ビール・焼肉)など。2004年にデビュー。ファッション雑誌「CUTiE」で『ヘチマミルク』を連載し、人気となる。『珈琲いかがでしょう』が、2018年に『アニメBeans』にてアニメ化される。代表作に、『Eleganceイブ』で連載中の『凪のお暇』があり、2019年7月に黒木華・高橋一生の共演でTVドラマ化。

コナリ・ミサトの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松浦 だるま
コナリミサト
コナリ ミサト
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×